リウマチ外科医の徒然草

より良く生きるための抜け穴探しのゆる~いブログ

杉村太蔵が年間配当金2000万円⁉ 彼にもできるなら自分もと思わない方がいい

管理人です。 昨日テレビを見ていて、衝撃の事実を聞きました。 すでに何年も前から公開されていることのようですので、いまさらですが、投資のコンセプトを含めて、あらためて見直してみることにしました。 彼はもう5年ほど前になりますが、集中投資と売却…

休日労働をしてでも積み上げたものが本当に勝つのか?それは自明の理でない気がする

やっと週末になりました。 なんだか多忙な1週間だったように思います。 いちリウマチ医がリウマチ医としてどうあるべきか、存在意義について考えさせられる1週間でした。 ともあれ待ちに待った週末です。 仕事などはOFFしたい というのが、本来の自分の心の…

いまさらながらファイナンシャルプランナー(FP)3級の勉強を始めました

管理人です。 いつも職場での食事後のひと時など、いろんなブログを回遊し、自身の知識を増やしていくのを楽しみにしております。 ブログとは面白いもので、 本来は書店に行って、お金を出して専門書を買い、時間をかけて理解しながら自分の知識に入れていく…

飲み友達とアーリーリタイアについて議論してみた セミリタイアがベストか

日本の中には、いまだ生涯にわたって仕事を続けることこそ偉人という考えが根底にありますが、今の時代、その考え方は古くなってきています。 欧米では、定年を機に、大学の教授を辞したのを機に、ワイン畑を栽培したりする、いわゆる第2の人生の始まりとと…

ここまで進んででは、いかにハンドセラピストでも苦労するのか? 伸筋腱脱臼の恐ろしさ

、管理人です。 今日はリハビリのお話。 以前に知っておくべき変形として、とある変形手をご紹介いたしました。 www.orthopaedicrheumatologist.com この時の動画がこれです。 知ってると得するスワンネック変形の特殊形 スワンネックが腱の尺側偏位と脱臼に…

コペル君を通じて学ぶのではなく、自分の心と対話することが大事

先日、話題の本でありながら、値段が高いことでなかなか手が出なかった本を嫁が買ってきたので、先に読ませてもらいました。 「君たちはどう生きるか」です。 ずいぶん昔からある本ですが、最近池上彰さんが最も影響を受けたと発言したことで、もとの文章だ…

リウマチ手の進行・悪化は寛解症例でも避けられないのか?人工関節脱臼症例(指関節)からの学び

管理人です。大型連休は休みなようで、実は結構忙しい。 皆さんそんな感じではないでしょうか? 私もご多分に漏れず同様で、家族の行事や面倒見に丸まる日を取られていました。 更新をさぼってしまいました。 今日はリウマチの手術を久々にしました。 MP関節…

友人の父が50歳で早期リタイアをした件 自分が追いつくには果てしない壁が存在する

先日友人のご家庭に、私のところも家族連れで遊びに行きました。 友人の自宅へは、中学時に1度、大学時に1度、社会人時に1度、そして家庭持ちになって1度の4回目です。友人の過程自体にうかがうのはもっと多いのですが、ご実家に遊びに行くというまるで小さ…

新時代のリウマチ診療に向けた研究テーマ(備忘録) これ全部やったら死んでしまう笑

学会が終わり、暦通りの生活にもどりましたので、連休の合間も病院で稼働します。 何事もなければいいのですが笑 ところで先日書いたように、学会は私にとっては同窓会です。 www.orthopaedicrheumatologist.com もちろん日が変わるまで酒を飲みかわしました…

学会とはいかなる意義付けなのか? 自分にとっては同窓会であった件

管理人です。 発表もぼちぼち終え、帰路についています。 各専門職にとって学会とはいかなる意味を持つのでしょうか? ここを知らないと、未来の発展のためにいかなる手も打つことができません。 「学会」といって写真を検索すると、学会上の写真や、個人の…

今年のSmolenの日本リウマチ学会での講演 IL-6(アクテムラ、ケブザラ)への提言まとめ

今年もProf. Smolenが講演に来てくれました。 本当は、3時間ぶっとおしのパネルディスカッションを聞きに行きたかったのですが、後輩の発表の監督があったので、聞きに行けませんでした。 かわりにイブニングセミナーを聞きに行ってきました。 もちろん半分…

このままでは日本人は消滅する?働き方改革の学問的なとらえ方を聞いた

管理人です。 4月は例年学会が立て込むため、なかなかゆっくり思索を巡らす時間がないのですが、今日は学会で面白い話を聞いたのでUPを。 表題の通り、日本人は絶滅危惧なんだという進化論をまとめた話を聞きました。 日本の人口動態については、先日の記事…

職場のモラハラに対するの有効策は精神論か法律論か。 本当は道徳からではないか?

管理人です。 帰国後からいろいろ思い悩むことが多くて、いろんな感情が渦巻いていました。 ・日本と外国の差 といいますか、他人との距離感にきちんと気を遣うのが海外ということが身に染みてわかりました。人を人として尊重をして、それを傷つけないように…

ランニングを再開したことによって頭が活性化されたら日本の将来像を考える機会が得られた

気候のいい時期になってきました。 花粉もピークを過ぎ、20度台の後半で、日差しも柔らかで攻撃的ではありません。 ある意味GW前後は最も良い気候なのではないでしょうか?一年で。 そんなのもあいまって、運動不足を痛感していた私は、久しぶりのランニング…

給与所得控除の続報 シュミレーションから知る 時間の使い方

管理人です。先日確定申告の話を書きました。 20万以上所得税が増えて、かつてない支払総額になっています。 www.orthopaedicrheumatologist.com その理由を給与所得控除の減額であると書きました。 それについての続報です。 <広告> // 実際のところ所得…

高配当株保有の大事なプリンシパル

先日備忘録となり得る記事を見ました。 www.americakabu.com 米国高配当株の売り時はいくつかあります。 減配した時、しそうな時 配当余力に陰りが見えたとき 業績が悪化した時 中略 ただし、いずれにしても高配当株の投資というのは個別株投資になります。…

リウマチ外科医に未来はあるのか? ー時代の変化に取り残されるのか希少価値が出るのかー

管理人です。 久々に自分の専門分野について。 私はリウマチ医を自認していますが、ベースは整形外科医です。 一般的には海外でリウマチ医というと、Rheumatologistを意味し、それはリウマチ内科のことを言います。 どちらかというと免疫内科的な感じで、SLE…

ノアの箱舟を沈めるのは同じ日本人であったことに驚愕を隠せない

私は知りませんでした。今日たまたまニュースで聞きました。 以前からスルガ銀行のやり口は知っていましたが、 こんな事件になっていたとは。。。 biz-journal.jp >放っておけば毎月100万を超す持ち出しが発生する中で、オーナーたちに残された時間は少ない…

給与所得控除の減額がどれほど効くのか今になってようやく分かり今後の対策を考える件

とどこおってた確定申告を行いました。 海外赴任は確定申告の期限延期の理由にはならないようで、 延長申請が却下されていましたので、更生の手続きです。 帰国前に仮で申告を終えています。 というわけでもともと多めに申告していました。 いや、多いつもり…

海外でも日本らしく番茶のような日常のお茶を飲むベストな方法を発見した

管理人です。 今日の問い 海外旅行に行ったとき、どのようにして飲料水を確保していますか? 多くの国では、水道水は当然飲めません。 飲んだら下痢をします。東南アジアでは氷も気を付けないといけません。 多くの場合、空港やスーパーで水を買うと思います…

失って初めてわかるウィーンの良さと日本の忖度力の高さへの驚愕。 考える時間がほしい

「生活の質」高い都市はウィーンが9年連続首位、東京は50位 3/20(火) 15:02配信 3月20日、米コンサルティング会社マーサーがまとめた2018年の「世界生活環境調査・都市ランキング」で、オーストリアの首都ウィーンが9年連続して世界で最も生活の質が…

画期的なトラブル対処法を記載しているサイトに感銘を受けた件

帰国して職場復帰しましたが、なかなかの浦島太郎ぶりで、冷や汗と巻きまれてすでにえらい目に逢いつつあります。 精神的に追い込まれることもこの業界では多々あるのですが、自分は食事が喉を通らなくなったりと、結構ブラックサイドに落ちることが多いので…

活動再開。 年度初めは投資の振り返りから

管理人です。 帰国して数日がたちました。時差ぼけや家の中の片づけでほとんど死んだようになっていました。海外にいるときには制限していた、研究活動、社会活動(投資?)、フィールドワーク(釣り?)なども再開していく予定です。 仕事はじめからのこれ…

ウィーン市内 ただ乗りできると思っていたらご注意あそばせ

管理人です。 ウィーンに住んで3ヵ月。これまできっちりチケットを買って公共の交通機関に乗っていましたが、 ・駅に改札がない ・トラムもバスも国鉄も同じチケットで乗り放題 なので、日本から来たらまず戸惑うと思います。 この写真のように、改札はなく…

第1四半期の自己の配当金をまとめました 昔立てた目標には程遠い

管理人です。 春ですね。いい時期となりました。 今年の私の1-3月の配当金の推移と考察をしましたので、アップさせていただきます。 第1四半期は、シンガポール株からの配当金が健闘しましたので、何とか昨年と比較して微減で済みました。約10万円の配当金で…

日本の英語教育よ。私の若かりし頃を返してください(笑)

管理人です。 終わりを迎えればあっという間で、3か月なんて夢だったような気がします。 昨日は、ウィーン日本人医師会(というよりAKHにいる日本人留学生+αの飲み会)の送別会でした。 初めてお会いしてそのままになってしまう先生もおられますが、また日…

上司のプレゼン資料は部下が作るのは当たり前なのか? これが日本で成果が出ない根源

管理人です。 日本はもう春というところで、雪が降ったと聞きます。ウィーンもマイナス4度に逆戻りで、帽子など処分した自分を恨みます笑 ところで、今日の話題は上司のプレゼンです。 まだ海外研修中にも拘わらず、自分は用意を全くしないで、日本からメー…

エジプト人に頭を殴られた気がした。本当に研究の道に進むとはいかなることなのか?

管理人です。残り少なくなった時間を家族サービスに費やしています。 この短い期間は 「日本人にとって留学とは何なのか?~~研究とはいったい何なのか?」 これを意識するためにもらった時間ではなかったかというように思えてきました。 日本の方が留学と…

寒いから早いのか、合理的だから早いのか。狭いオーストリア歩いてどこ行くの?

ウィーンはまた冬に逆戻りです。 外はマイナス4℃。 風がないので体感もほぼ同じですが、春になると思って防寒具を日本に送ってしまった私にはほとんど地獄です。 ところが、もっと地獄の人がいました。同じく研修に来ているエジプト人ですが、この時期にはも…

オーストリアの国民性とかけて日本の武士と説く その答えは?

管理人です。 平日よりも忙しいかもしれない週末を終え、 ついにといいますか、最終週となりました。 正確には来週にも2日間出勤予定ですが、フルにいるのは今週までとなります。 www.orthopaedicrheumatologist.com ちょうどブログを書きだして1年となりま…