リウマチ外科医の徒然草

リウマチ診療を中心に過ごす外科医の、日々あったこと、考えたことをつづります

小ネタ>今日は防災の日ですね

今日はいつもと違う内容を。
⁂ 9月1日は防災の日です。


1923年(大正12年)の今日発生した、
関東大震災にちなんだ日です。

学校などでも避難訓練が行われたり、
ご家庭では、避難の仕方家族の集合方法など、
改めて確認するいい機会になるのではないでしょうか?

避難グッズの変遷

みなさん、持ち出し荷物は作ってますか

f:id:orthopaedicrheumatologist:20170901132201p:plain

昨今では、東日本大震災に始まり、
熊本地震、九州豪雨、広島豪雨、秋田豪雨など

天変地異系は増加の一途です。

そんなおり、現代の生活医ふさわしい、準備グッズが
必要です。



必需品ランキング

1、ライト

懐中電灯やランタンなど、夜の安全は視野から。
長時間寿命のLEDに交換を勧めます。

おすすめライト

2、電池

もちろん、情報収集のためもありますしライトにも使用します。できれば携帯充電器に入れられるものがベストです。

3、水



水は命の水です。
なければすぐに体調に変調を及ぼします。

こんなのもありますので、マンション住まいで移動を必要としない人は、常に補充しておいても良いかと思います。

持ち運びでも500mlをお勧めします。

4、食料

乾パンなど進める方もいますが、のどが渇くので、
できれば麺など1工程で用意できるものを勧めます。

5、生理用品など

下着や生理用品など、まず避難所では手に入りません。
やや余分めがいいでしょう。
また歯ブラシもホテルのアメニティーでいいので、いくつか入れておいてもいいのではないか?

6、ビニールシート

雨風をよける際や、周囲との間仕切りに必要です。
避難所であってもプライバシーや、床からの空間隔絶ができるほうがよいでしょう。

意外と必須品です。

7、携帯充電器

最近は基地局が壊滅になっても、各携帯会社は移動基地局を借り出します。

電話と違って交換プロセスがないので、連絡を取り合う際などはSNSサービスを使うことがとても多いです。


その際、充電が切れては問題外です。

車のブースターパックくらいの容量のものを
一つ持っていると、家族全員が助かります。


いかがでしょうか?

ちなみにこんなサイトもあります。
my-best.com

一度ご確認を。