リウマチ外科医の徒然草

リウマチ診療を中心に過ごす外科医の、日々あったこと、考えたことをつづります

ウィーン留学へのかすかな光が見えてきた

ウィーン留学がようやく進みだしました。

 

オーストリアという国は、国民性

ギリギリだけどきっちり帳尻を合わせる。

 

ところが、しんどくもありすごいところでもあります。

f:id:orthopaedicrheumatologist:20170914202411p:plain

 

でも、本当に町は素敵です。

上のシュテファン大聖堂をはじめ、ヨーロッパ、もとのハプスブルク家の建造物は、どれだけ見ても飽きません。

 

 

 

でも、前回コンタクトとったのは・・・・

 

5月?

 

すでに4カ月半。

 

放置プレイでした。

 

9月頭に、「そろそろ・・・」と送ったメールも

 

無視。

 

返事すらくれません。 ドエストリア共和国かっ!!

 

ところで、これまでも遅いくせに厳しい書類審査について言ってきました。

 

ウィーン医科大学に必要とされるものを下記に示します。

 Letter of Intent (will be issued by respective Unit of Med Uni Vienna, provided fellowship will be supported)
 Application Form filled-in and signed
 CV with personal/professional data (plus photo)
 Copy Passport (page stating name, photo and date of birth)
 Copy valid Visa or Residence Permit
 Copy Birth Certificate (English or German translation mandatory)
 Proof of Qualification: Master level required!
 Copy highest Academic Degree (English or German translation mandatory, and eventually authentication depending on country of origin)
 Recent (issue date not older than 3 months prior to fellowship commencement) Criminal Record (English or German translation mandatory)
 Health and Accident Insurance throughout whole Fellowship period including overall coverage without any exclusions of at least € 30.000,00! The policy has to be issued in English or German, terms & conditions incorporated and insurance sum to be quoted in Euro!
 Antibody test results (HIV, Hep A/B/C, Rubella, Measles, Mumps, TB): Issue date not older than 3 months prior to fellowship commencement, incl. English/German translation!
 Proof of Language Skills either English or German

 

なんだかわかりません。

 

ただ、これらの物の中で最も難しいのは、

Criminal Recordです。

 

日本の法律と合致していないのです。

 

 

 

 

 

 

 

日本の法律では、犯罪経歴証明書は、操作関連情報に値します。 したがって、よほどのことがない限り、開示してくれない

 

ところが欧米では、移民の関してだけでなく、他の事項でもこれがないと何もできない、つまり必須の情報であるため、申請すれば結構簡単に取得できます。

 

なので、簡単に要求されるけど、日本からはもらいにくい。

 

 

次は保険の問題です。

 

海外での体調変調は、若い方でも侮れません。

常備薬は、あらかじめ出してもらばいいのですが、

現地での突発事項には対応できません。

 

 

で、法律で€30,000以上カバーの保険に入ることが義務づけられています。

 

金額的には、400万円出るのをいる期間分ということですので・・・

 

日本で入ると10万円ではすみません。

 

これの解決法はあるのでしょうか?

 

次回、ウルトラCを説明します。