リウマチ外科医の徒然草

リウマチ診療を中心に過ごす外科医の、日々あったこと、考えたことをつづります

価格はやっぱり需給バランスで決まるのです。 不動産価格も同じです。

今年は、庶民の味方であったはずのサンマが特に不漁のようです。

 

そしてついに、近くのお店ですが、こんなのを見てしまいました。

 

f:id:orthopaedicrheumatologist:20170919181601j:plain

 

2匹・980円?!?

 

サンマに何があったのか?

 

各地のサンマイベントでも、冷凍ものが提供されるようになりました。

www3.nhk.or.jp

 

サンマの不漁の原因は、中国・台湾だけではないようです。

 

最も大きな影響は、サンマの回遊ルートのようです。

ここ最近の回遊ルートです。

s170907_04.jpg

 

 

 

ここ数年、エルニーニョ現象で、日本近海も高水温でした。

そのため、中国に爆釣されていたわけです。

 

ところが、今年は

 

沖縄近海は異常に暑くて、サンゴの白化とか、

 

高水温が目立ちました。

 

しかし、根室沖はいつもよりも海水温が低いようです。

 

では今年はどうなるのか?

 

なら豊漁にこれからなる!

とはいかないようです。

 

どうも、回遊する群れの大きさと年齢によるもののようです。

 

毎年、夏前に水産庁の参加の組織が、資源調査に向かっています。

そう、ミサイル沖に笑

 

ここ最近、群れが小さくなってきている?ようです。

資源の温存については大事ですね。

 

 

これを不動産に当てはめると?

 

 2匹900円のサンマは、それでもクレイジーです。

庶民には買えません。

 

少し例えは違いますが、郊外のマンションもそうではないでしょうか?

 

巷では、「東京オリンピックまでは不動産価格は上昇する」と言われています。

 

f:id:orthopaedicrheumatologist:20170916085104j:plain

こないだの湾岸マンション

 

軒並み80平米で8000万くらいします。

 

坪単価としては250万円と仮にしましょう。

土地の価格は、元が海なので、0円です。

路線価格は、恐慌時にはあてになりません。

 

ではタワーはそんなに高いのか?

 

これは2014年ごろの、中国爆買いに原因があります。

彼らは高いものを先に買っておけば、この先もうかると考えて、

高いものから買ってました。

 

いやはや、昔日本人も見ましたね、この風景。

 

 

で、この価格はただの需給価格です。

実価値ではありません。

 

この980円のサンマは、あなたにとっておいくらなのでしょうか?

この感覚が、勝敗を分けます。