リウマチ外科医の徒然草

リウマチ診療を中心に過ごす外科医の、日々あったこと、考えたことをつづります

Google Homeをやや時期早々と思いながらも購入した理由

管理人です。

今回はいつもと違う話を。

 

f:id:orthopaedicrheumatologist:20171021104206j:plain

ついに来ました。待望です。

以前、サンフランシスコ、シリコンバレーにある、とある家庭での

実使用風景をみて、可能性を感じていました。

 

以下、ジョン(仮)の家庭での1シーンです。

 

「OK、グーグル。リビングの電気をつけて。」

ぱっと、リビングが明るくなる。

その時には、ジョンはコーヒーに口をつけながら、

Newspaperに目をやる。

 

「OK、グーグル。テレビをつけて。」

ぱっと反応する音がして、CNNのヘッドラインが流れます。

 

そうだ、今日午後の会議、打ち合わせしなきゃ。

「OK、グーグル。ステファニーにメールを送って。」

(電話をかけてだったかもしれません。)

 

 

Google Homeは人間のマルチタスクを可能にする

 

正直、今のところの機能は大したことはありません。

日本ではスマート家電の普及率は、

japan.cnet.com

 

ハイエンドモデルに限られるという現実から、

実際の日本では、リンクできる家電に限りがあります。

使えないということです。

 

しかし、人間のマルチタスクは普段はできないのです。

「あ~~忙しい。コピーロボットがほしい!!」

といった経験をお持ちの方は多いのではないでしょうか?

クリックすると新しいウィンドウで開きますコピーロボット

 

 

本体がしなければいけないのは、

五感に入力がある、それらを統合しないといけない作業のみにしたいところです。

 

その他、

単純作業は、マシンにさせればいいのです。

 

 

今の機能は限定的。でも「買い」なのか?

 

今すぐの可能性は骨内では低いです。

ただの新し物好きでかったわけではありません。

 

それよりも可能性に賭けました。

近い将来、AIに代わる仕事が増えることが叫ばれています。

・なくなる職業

・新たにできる職業

 

新たな時代に自分を慣らしておかないと、失います。

今なら、みんなが懐疑的なので、

ぶるーおーしゃんを泳げる」のです。

 

SI領域にこだわっていません。

サービス分野も、自動化して、人間は統合頭脳になればいいのです。

 

そのため、今回は先駆けて買いました。

本当は、英語対応しかないときに買いたかったくらいでした。

 

 

今日は仕事ですので、明日が楽しみです。

 

経過はおって報告しますね。

では。