リウマチ外科医の徒然草

リウマチ診療を中心に過ごす外科医の、日々あったこと、考えたことをつづります

Lets Noteがキーボード破損の修理から帰ってきました。ようやく更新が泣 (駄ネタ)

管理人です。

実はPCを失っておりました。

 

正確にははく奪されていました。

 

なにがあったのか?

先日のことです。

出先の病院で外来診療を行っていました。

 

 

私はよっぽどの野戦病院でない限り、空いている時間にブログ更新や、

スライドの作成、論文の直し、などなど

日々の雑務をこなせるよう、ノートPCをデスクの上に置いています。

 

患者が途切れ、手を洗いに洗面台へ・・・・・

そうすると後ろで、

「ドスン」

 

音がしました。

その時の画がこちら。

f:id:orthopaedicrheumatologist:20171129091432p:plain

 

ん?

なんか飛んできました。

 

f:id:orthopaedicrheumatologist:20171129091841j:plain

 

キーボードのトップが破損して、飛んできたのです。

 

裏面のパンタグラフのペグは、折損しているため、

これは整形外科医の私でも整復できません。

 

 

 

原因はこちら

診察室には大量の人体模型があります。

 

昔は製薬会社さんが、よく持ってきてくれたので、あちこちの病院に

売るほどありましたが、

 

最近は不衛生なのと、VRなどの機器の発達、模型コストの問題から、あまり外来には置かれなくなっていました。

 

珍しいことに、外勤先は比較的古い病院なので、

 

これが置いてあったのです。

それが下。

 

f:id:orthopaedicrheumatologist:20171129091628p:plain

 

 

 骨粗しょう症と変形性腰椎症の模型でしょうか?

それなりにきれいなのはいいのですが、

 

足の部分が外せるようになっているのです!!

はずしたぶぶんで、患者さんに説明する・・・・・

ことは最近は少ないのですが、便利なように(?)連結されていない・・・

 

この下半分の角がPCに落下したようです。

 

いったい何が?

この時、11月中旬で日本に寒気が入ってきた時でした。

壁ぞいにあるこの診察室は隙間風にさらされていました。

 

窓際の燦の上にこの模型s(模型ズ)はありました。

 

こころやさしい看護師さんが、

隙間風をシャットアウトしようとして・・・・

⇒ 燦の上の模型を移動・・・(ココがデッドライン)

⇒ 持ち上げる・・・

⇒ 落下!

 

こういう構造で惨劇が起きたのです。

 

PCの修理は?

やさしいことに、病院が請け負ってくれました。

その看護師さんも責めを受けることなく?

無事に一週間たって私の手元に戻ってきました。

 

 

 

 

Lets Noteのキーボード修理はいくらほどかかるのでしょうか?

噂によれば、1ピンでの交換ができないため、

フル交換になるとのことです。

 

たしかに、帰ってきたPCは

全てのキーがきれいです。。。。

 

今ココです↓

これで無事に更新ができます。

 f:id:orthopaedicrheumatologist:20171129093429j:plain