リウマチ外科医の徒然草

リウマチ診療を中心に過ごす外科医の、日々あったこと、考えたことをつづります

休日のカフェは最適なオフィスかもしれない。  本当に居心地がいいですね。

年度末に向けて日々忙しくなってきています。

 

今日は家のことほっといて、、、、

ゆっくりと考えことができたらいいのにな~~~~~~  っと思っています。

f:id:orthopaedicrheumatologist:20171202172309p:plain

 

カフェでどんな席を選ぶのか?

カフェとは、本来義的にはコーヒーなどを楽しみながら、

誰かと一緒でもいい、有意義な午後の時間を過ごすための場所です

 

 

二人向かい合うカップルシートもあれば、

2名横並びのカップルシート、

4名テーブルもあります。

 

断然10名くらいの大テーブルをお勧めします。

 

大テーブルにはテーブルタップがあったりなかったりします。

したがって、PC作業の方はACアダプダがなくてもいいように用意してください。

 

なにがよいか、、

 

 

周りを見回してみてください。

 

 

 

 

静寂な空間にかすかに流れるBGM。

 

少し離れたところにすわる女性。

化粧は薄めだが、凛とした雰囲気を髪にまとい流れるように手元の資料をみている。

大学生でしょうか?目鼻立ちに初々しさと力強さがみてとれます。

 

あんなころあったなと懐かしささえ感じます。

 

 

右の方にも資格試験の資料を広げて必死にノートを書いている、

主婦でしょうか?妙齢の女性。

土曜の午後のこの時間に家を空けているのでしょう。

必死なまなざしで教本をにらんでいます。

 

 

少し遠くには、周りのことを全くシャットアウトしている笑

これも学生のカップルが見えます。男は幼ささえ面影に見て取れる程ですが、、、

 

 

おっと、見すぎた。彼氏と目があっちゃいましあね 笑

 クリックすると新しいウィンドウで開きます

 

 

 

そう人物観察のメッカなのです。

先ほどのは、はしりにすぎません。

人間、職場など限られたスペースにいると考え事狭くなってしまいます。

 

 

カフェは安価で非常に開かれた空間だからこそ、

いろいろな人に出会えもするし、空気感も感じることができます。

 

そして、自分自身も先ほどの観察される側になりきって・・・

 

仕事に、考え事に没頭するのです。

 

 

 

できれば週に一度は午後のひと時をカフェで過ごしたい。

きっと実り多き時間になることでしょう。

 

 

f:id:orthopaedicrheumatologist:20171202180042j:plain