リウマチ外科医の徒然草

リウマチ診療を中心に過ごす外科医の、日々あったこと、考えたことをつづります

世の中の生きにくいのは 自己責任と自他共栄の境目のせい

リウマチ学会が成功裏に終了しました。

 

いろいろな先生方にお世話になり、いい勉強になりました。

f:id:orthopaedicrheumatologist:20170423012654j:plain

(JCR ポスター会場風景)

 

新幹線で帰宅したのち、慌てて出勤しました。

患者を診るためではなく、クラッシュした仕事用PCを再構築するためです。

 

何があったかというと、学会へ旅立つ当日に隣に座っている先輩のPCが起動不能になったので、何が都合が悪いのかせめて調べましょうと、よかれと先輩のHDDをPCから取り外して自分のPCに接続してみたのです。

 

まあ、これがいけなかった。

一言でいえば、いらないお世話をしてしまったということです。

 

何が言いたいかというと、

困っている先輩が横にいたとき、自分にできることがあればするのか、リスクを伴うなら、あえて知らないふりをするのか。

しかし、知らないふりをすると、冷たい人、痛みのわからない人と芋われます。

手伝うと、貴重な時間を浪費し、自己も傷つきます。

 

自分の立ち位置を考えて生きるというのは、本当に生きにくいです。

 

 

 

 

チェックディスクと修復が始まり・・・・

はじめは直る!と喜んだものです。

 

ところが、再起動されるとWindows 8になっている???

何が起こったのか?知る由もありません。

元の自分のHDDを戻すと、さらに修復作業が始まり・・・これもWindows 8

え? 自分のやつは昔Windows10にアップデートしたはずじゃ??

 

そうなんです。

私のPCは以前アップデートはしたのですが、もともと自分でHDDからSSDに換装をしていたのです。元のHDDには、実はリカバリ領域が残っていたのです。

ここから修復されたとしか考えられません。 ただ、SSDのデータも問題なく他のPCから見ることができます。

でもブート不能なのです。

 

USB回復ドライブを作成していたので、使用しましたが、50%程度まで進んで止まる。

初期化も不能・・・・   MBRまで触りました。

一向に改善の兆しが見えません。