リウマチ外科医の徒然草

リウマチ診療を中心に過ごす外科医の、日々あったこと、考えたことをつづります

またまたSmolenが講演に来てくれました

先日、EULARの重鎮、Josef S. Smolenがまた日本に講演に来てくれました。

 

言わずと知れた、EULAR recommendation 2016の生みの親です。

 

今回、写真は撮れなかったので、肖像でお願いします。

f:id:orthopaedicrheumatologist:20170718214902p:plain

 

今回は、日本リウマチ学会でお話になった、recommendationの内容に加え、

さらに新規のJAK阻害薬、オルミエントについての話もありました。

オルミエント錠 4mg PTP包装+個装箱

 

どんな薬なのか?

正式には薬価収載まだされていませんので、使用法の詳細は詳しく言えませんが、

効能としてはJAK1/2阻害薬と位置されています。

 

現在のエビデンスでは、ゼルヤンツと効果としては大差なさそうです。

ただ、副作用として帯状疱疹が少し少なくなるかもしれません。

 

重要なのは、バイオ無効例に対するJAK阻害薬の有効性でした。

 

Smolenいわく、二次無効例などで、ACR70が20%近く存在するのは、

JAK阻害薬だけのようです。

 

それゆえに、recommendationでPhase2にJAKが収載されたようです。

それでもSmolenは MTXの代わりにはならないと断言していました。

 

ゼルヤンツも、はじめはこわごわ使われていました。

今ようやく、症例の積み重ねがおわり、新しい時代が開けるのかもしれません。