リウマチ外科医の徒然草

リウマチ診療を中心に過ごす外科医の、日々あったこと、考えたことをつづります

鬼門に設置された由緒ある場所ー比叡山延暦寺

管理人です。

夏休みを利用して、京都と比叡山を観光してきました。

 先日投稿した、

orthopaedicrheumatologist.hatenablog.com

の続きです。

比叡山延暦寺

f:id:orthopaedicrheumatologist:20170803145254j:plain

伝教大師最澄(でんぎょうだいしさいちょう)上人(766~822)が

唐にわたり、教えを授かったのちに延暦7年(788年)に開いた山 です。

 

昔は「山」といえば、比叡山を指したようです。

比叡山に篭もって修学修行に専念する12年間の教育制度を確立し、

延暦寺から多くの高僧碩徳を輩出することになりました。

 

あらゆる宗派の。開祖はこの比叡山を経ており、まさに日本の仏教の祖といえます。

 

眼下に望む琵琶湖

 

f:id:orthopaedicrheumatologist:20170803145154j:plain

 

この日は少しけむっていましたが、空気の澄んでいるときならば、

あべのハルカスまで見えるようです。

 

眼前は南湖で、これだけでも広大ですが、琵琶湖の役1/5にすぎません。

 

比叡山の教え

朝のお勤めに参加してきました。

護摩行のあと、教えを授かりました。

 

どんなに普段、悪いことばかり考えている人であっても、ほんの一瞬でも、

自然や赤子などを前にして、よい考えになっているときがある。

すなわちすべての人は皆、生まれながらにして仏を内包している

 

この仏の心をもってお仕えすべし、合掌すべしとのことでした。

 

普段は、投資や医療、人と人の行きかうところで、自分の利益、他者の利益の相反と戦っている私たちも、心を清らかにして、過ごすべきですね。

 

また、心の余裕タンクが小さくなってきたら

行ってみたいところでした。