リウマチ外科医の徒然草

リウマチ診療を中心に過ごす外科医の、日々あったこと、考えたことをつづります

Road to Retire 早期リタイヤまでの遠き道のり①

3週続けて、関連病院の土曜日診療に駆り出されて、

バイトなので給料は出ますが、たまるストレスと体力面から、

「もう二度と来るか!」という思いに満ち満ちています。

 

f:id:orthopaedicrheumatologist:20170708130925p:plain

いくら医師とはいえ、

「時給〇〇円で働いている」だけで、

自分の時間を搾取されていることにはかわりません。

 

このことは、ぼっちサーファーさんのブログでも、明確にされています。

surftrip.hatenablog.com

いったい何が気に入らないのか?

僕は他の人の都合で、自分の行動が規定されるのを極度に嫌います。

以前には、自分の得意分野でない分野の救急を断ったことで、病院から始末書を書かされたこともあります。

とくに自分がファイナリストになれない分野で時間を使っても、結局無駄です。

 

もちろん、程度問題ですので、救急をすべてお断りするわけではないのですが、

ポリシーとして、私は救急に向いていません。

それは断言できます。

 

話を早期リタイヤに戻します。

前述のグラフを見ますと、総資産3億くらいならリタイアができるかもしれません。

50歳でなら、30000万円 ÷ 30年 = 1000万円 / 年 です。

 

しかし、総資産3億の人の生活レベルは高いです。

1000万では不足ではないでしょうか?

 

必要なものは、

ということになります。

 

続きは明日。