リウマチ外科医の徒然草

より良く生きるための抜け穴探しのゆる~いブログ

子育てが余裕をもってできない社会はどう変えればよい? 日本の未来を少しでも考えてみたい

言い得て妙な記事を見ました。

bunshun.jp

 

 

小生も1歳半の子供の親に、遅ればせながらなりました。

そして、3か月から6か月まで海外での生活を子供に、奥さんにさせた経験があります。育児休業は、社の規定では3年まで可能なのですが、実際にそれを取得できる人はほどんどおらず、小生の奥さんも例にもれず、出産休業に入る前の時点で1年以内の復帰を約束させられるような会社でした。

 

東証一部上場企業なのにかかわらず、女性活躍推進を頑張っているというので、余計こうなるのでしょうか?

ãè²å å°çãã®ç»åæ¤ç´¢çµæ

 

 

子育てに関しては、可能な限り参加してきたつもりです。

 

お風呂に入るのも、おむつを替えるのも、食事の介助も、授乳以外はほぼ奥さんと2分してやってきました。

 

地獄の沙汰も金次第・・・・ではなく、地獄も二人で渡ればこわくない

それを目指してきたつもりです。

<広告>

 

 

 

 

本当につらいのは体力と思考喪失

 

記事にあるとおり、子供は寝ているとき以外は容赦してくれません。全力で欲求を誇示してきます。

 

また正直言えば、寝ているときももしかして窒息したらと気が気でないというのが親の気持ちです。

 

抱っこしてないと怒る。泣く。子供のところを一時も離れられない。

家のことをしたいのに、トイレに行きたいのに、夕飯の準備をしないといけないのに、、、、、

 

ほとんどマラソンです。

 

誰もが体力を徐々に奪われます。

ちょっとした隙を狙ってトイレなどに行こうとするのですが、予定が狂う時がおおいおおい。。。   イヤイヤ期なんてのも、完全に仏のコロロにならないと過ごせません。

 

だんだん、思考停止にいたり、切れやすくなってしまうのです・

 

小生も同じです。

 

<広告>

 

 

 

 

日本の社会は子育てを理解していない

 

これは昔の3世代家族の時には、よかったのかもしれません。またそのころは、今ほど教育も多様化しておらず、またみんな無欲でした。

 

 

しかし、日本の核家族化は進み、子育ては仕事の現役世代が仕事と両立して行わないといけなくなりました。

 

子育てとは、戦争です。

 

f:id:orthopaedicrheumatologist:20190517145230p:plain

 

仕事をしながらの子育ては、どんなものか、理解をすることが大事です。

 

 

子育ては、これからの日本の再浮上のため、最優先事項です。未来への投資です。

<広告>

 

 

 

一方、女性の活躍推進というのはジェンダー問題の解決を一義にしているように見えます。

有資格職業の女性が育児で仕事を離れるから人が足らない → じゃあ女性活躍とか推進していこう

 

そんな単純なもんではないです。

本来はジェンダー論ではなく、ダイバーシティが中心となる話です。組織や社会を多様性のある寛容なものにする、

異質なものを許容するこころを持つ。

 

 

 

日本人の働き手が足りない? 人材不足?

 

じゃあ定年を上げればいいや。

育児休業中のヒトを戻せばいいや。

 

 

そんな理解のない社会に誰がした?

 

 

この社会を変えるために必要なこと

 

 小生は一人の親として未来を少しでも明るくしたいと心から願っています。

 

ですので、

子供のお母さんだけでなく、お父さんも子育てに十分参加できるようなシステム作りが必要です。

 

男性の育児休業取得を義務付けるとか(笑)

 

 

 

<広告>

 

 

 

 

同業他店はヒントの宝庫  解決策を考える近道はまず隣接分野から ~すこし再置換術に勝算が増えた

管理人です。

 

今日は、仕事上のトラブルもしくは越えるべき関門に出くわした際、有効な対策が見つからなかった時にどうするのかというお話です。

 

 

 

 

横浜で第92回日本整形外科学会が開催されています。

 

f:id:orthopaedicrheumatologist:20190510184756p:plain

 

 

主幹が札幌医大なのに、会場がパシフィコ横浜なんて、はっきり言うと損した気分ですが、最近は会場が東京、横浜、神戸くらいしかなくなってきてしまいました。

 

 

参加者数が多すぎて、宿泊と会場数を確保できる開催地に限りがあるとの理由のようです。一昨年の仙台は、むしろ震災復興の意味合いの方が強かったでしょうか? テント会場が暑くて、はっきり言って地獄絵図でした。(ポスターもE-posterでしたので、省スペースに行われました。)

 

 

先月から学会続きで、正直もう疲れたわ…なのですが、演題が通ってしまっているので、発表しないわけにはいきません。

行ってきました。

 

<広告>

 

 

 

 

解決の答えは自分の分野にはふつうない

 

学会というのは、学会自体のレベルの問題もありますが、本来その世界で最先端のもしくはまだ危うい結果を議論する場です。

 

未確立の技術を、”批判的な目”をもって討議しあい、より良くする場とも言えます。論文におけるpeer reviewなどと同じ役割です。

 

 

小生の抱えている症例の問題点があります。

人工指関節の再置換術を必要とする症例があるのです。

以前に書いたとおり、可能な限り表面置換型人工関節を使用しています。

 

 

www.orthopaedicrheumatologist.com

 

この人工関節は、アンカー部分(金属部分)の固定性が非常に良いことが特徴で、ソケットの2/3程度が骨組織に覆われていれば、あとは脚の開大による支持で長期の固定性を得ることができます。

 

 

解剖学的形状をしていることから、理論的にはもとの指と同じような関節運動が得られるという点で、他の表面置換型と同様にある意味関節機能温存を目指せます。

<広告>

 

 

 

 

問題点は安定性で、脱臼を生じる症例がしばしばあるということなのです。

 

ちなみに、シリコンインプラントでも、脱臼や破損は7年くらいで2/3にみられるという点は覚えておかないといけません。

 

 

今回、小生も脱臼症例を経験してしまいました。

しかも一度脱臼して、すでに再置換術を行ったにもかかわらず再脱臼してしまったのです。通常の伸展サイド(伸筋腱など)によるバランス獲得手技はすべて行ったのですが、、、、 術後半年でじわじわと脱臼。。。

 

 

正直ベストと思われる治療と後療法をしていたのにショックでした。

 

 

なので、自分の分野の論文、教科書などを調べつくしましたが、次の置換術において気をつけるべきことや方法など、一切ヒントになるものはありませんでした。

 

勝算をあまり持てない中での再置換になってしまいます。

途方に暮れていました。

 

どうやって、軟部のリバランスを行ったらいいのだろう?屈曲サイドの過緊張をどうやって緩めるなり、尺側偏位の影響を減らしたらよいのだろうか?

 

 

<広告>

 

 

 

ふと別件で立ち寄った前腕のセッション

 

 前腕で上腕遠位の変形癒合と陳旧性モンテジア骨折が話題になっていました。

 

いかにして骨切りを行って正常なアライメントを再獲得するか。他分野ながら面白く聞かせていただいていました。

 

 

その時にふとピンと来たんです。

骨短縮や矯正を行って軟部組織のバランスをとるという点においては、今度行う再置換術にも通ずるところがあるのではないかと。

 

股関節の骨切りなど、完全に骨に依存するものとは異なり、軟部をリバランスする。

 

 

 

そして、SLFJの再置換の際に一番の問題点となる、追加骨短縮ができない、アンカーを抜去することができないという点の解決策の一つになり得るのではないかと考えました。

 

近位ステップカット骨切り+短縮術

 

スクリューで固定すれば、後療法にもあまり影響しません。

また骨切り方法を工夫すれば、回旋矯正も可能です。

通常骨短縮は遠位で行いますが、考えてみれば、背側骨間筋を除けば近位骨切りでも問題ないはずです。

 少し勝算が高くなり、自信をもって再置換術に望めます。

<広告>

 

 

 

 

灯台下暗し。全く違う分野よりも、意外に隣の分野くらいに解決策は転がっています。

 

行き詰まりを感じたら、他の店舗でも同じ問題を抱えていることが多いです。

同業他社はヒントの宝庫。

 

 

仕事より大事なものはあるのか? が家族より大事なものがあるのか? に変わった理由

みなさま令和元年おめでとうございます。

 

f:id:orthopaedicrheumatologist:20190503100937p:plain



管理人は仕事に出ているわけではないのですが、家庭の業務(子供の遊び相手、お出かけの準備、食事の支度)などに使い倒されて、自分の仕事を連休中に進めるということができていません。

 

5月連休明けからすぐに整形外科学会があり、自分の仕事を進めておかないとピンチに陥ります。

 

ところが、家庭においては上記を言い出すことがほぼできません。

子供は普段いない両親がいることもあってハッスルしており、片時も暇を与えてくれません。嫁は自分の服と子供の服を買いに行きたいとか言うくせに・・・・

 

嫁に勝る鬼はないのです。

 <広告>

 

 

 

この価値観はこの10年で急速に広がった

 

 この 家族を優先するという文化は昔からあったのでしょうか?

 

おそらく違います。

小生のたった6年先輩くらいの学年でも、亭主関白といいますか、仕事にいったまま家庭を顧みない、週末も仕事の会合といったり、学会で週の半分不在にしたり。

 

少なくても子供の起きている姿は見たことがないという体の人が多いです。

 

そのため、週末の会合への欠席や、業務後に保育園に迎えに行ったりする私は、かなり異質に映るようで、言葉にはしませんが、サボリくらいには思っているのではないかと思います。

 

 

彼らにとっては、仕事がある = そちら優先 はあたりまえ(たとえ時間外でただ仕事関係人があつまるからという理由も含む) なのです。

<広告>

 

 

 

 

 

最近の流れの変化

 

ところが、最近は子育てのために自分は40代になる前に独立をしてしまう、自宅にいる仕事を選ぶという人が増えてきています。

 

取引先の方もいますし、同期入社が開業したというところもそうですし、後輩などは私の今と同じように、家で主夫をしています。

 

仕事 < 家庭 なのです。

 

会社に言われるがままに振り回されるのはもってのほかということです。

 

私も含めてですが、むしろこのスタイルを選ぶ人間は、

仕事第一の人たちよりも、業務時間中だけできちんと仕事を仕上げる必要性がある分、より高い精度と速度での仕事を求められます。

 

結果が出ないのは、家庭に逃げているからといわれないように、必死なのです。

<広告>

 

 

 

 

一体何がこの世界観の変化をおこしたのでしょうか?

 

いろいろ、海外の文化の浸透もあるとは思います。

ゴーン被告も、家族の次に日産の仕事を最優先して頑張ってきたと、あっけらかんと言っています。(その時点で黒ですよ、お金回したのなら)

 

経済学的観点からは、こうではないでしょうか?

 

以前は

仕事に没頭 → 仕事での職位が上がる → 給与が上がる → 職場での自分の居場所もあがる → より居心地のいい仕事により傾く(家では居場所がない) → 老後も居場所をもとめて仕事にしがみつく

 

 

現在は

家庭も重視 → 家庭での立場が少しのこる → 家庭に居場所がある → 老後は子供と奥さんと暮らしていける

 

<広告>

 

 

 

結局のところ、職場は昔のように生涯を安定化してくれなくなりました。

 

出向などを含めて退職させられる、給料が上がらない、仕事だけになっても自分にスキルがないため何も残らない。

それよりは、家庭の方がオッズ比的に自分の未来の居場所の確保に有利ということが明らかになったからではないでしょうか?

 

 

仕事にかけるよりも、家庭にかける(賭ける)ほうが勝率が高い。

そんな時代ということです。

 

世知辛いですね、ただ現在は時代が移行期なので、実践する人はよりしっかりと結果を出す必要があるので、普通の仕事人間よりも大変です。

 

 

やはりこの世代は、

ロスジェネの逆襲どころか、合わせるので精いっぱいなのですね。泣

<広告>

 

 

 

 

人生を決めるのは運でも実力でもない だけど確変が起きるまでは別の努力が必要だ

怒涛の一週間が終わろうとしています。

 

リウマチの中でも手外科の人には、いいような悪いような。

日曜日から始まった学会で、水曜日に京都から札幌に移動、手外科学会にとハシゴする形になりました。

 

心境の変化から、最近メインの学会では最低2演題、できれば主題やなどの話す時間を長くするように画策しています。

できることなら大きなシンポなどで話す機会がほしい。。

 

f:id:orthopaedicrheumatologist:20190419085503p:plain

 

 

露出を多くして、行けるところまで行ってみる。

そう思うようになりました。まだまだ自信を持てるほど自分のレベルは高くないのですが、実力が伸びるのを待っていても、環境を変える努力(確変をねらうというらしい)をしないと、自分より実力が低かった他人に結局長い目で見ると、実力も実績も負けてしまうという事実を知ってしまったからです。

 

 

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

人生は、運よりも実力よりも「勘違いさせる力」で決まっている [ ふろむだ ]
価格:1620円(税込、送料無料) (2019/4/19時点)

楽天で購入

 

 

 

この本は、自分の知りたくなかった事実を教えてくれます。

心を強く保てるのであれば、一度この本を読むことをお勧めします。

<広告>

 

 

 

 

 

40代に入り、学会では若手といわれますが、実際に組織の中では若手ではありません。

自分に芽が出ているので仮にあるとすると、ここ数年のうちに実力が上の人たちと一緒に仕事できるところまで上がらないと、先はないなと思ったのです。

 

これまでみたいに、こっそり一般演題で申し込んで、5分しゃべって、聴衆の少ない部屋で無事に終えて‥‥ なんて自己満足をしているのでは意味がないかなと。

 

多数の学会に参加して発表だけしていてもそれじゃあ確変は起きないのです

 

 

実際、自分よりも後の卒業年次の先生方でも、学会の中心人物になりつつある人は多数存在します。芽が出ている人は40歳でもう芽が出ています。

 

逆に私は気づくのが遅すぎたのかもしれません。

 

 

正直、芽が出ないなら開業をしようと考えていました。

変に道に残って、後輩たちの伸びていくのを妨げるのだけは避けたいし、可能なら家族も楽にさせてあげたい。

 

ãå®å¿ å®å¨ãã®ç»åæ¤ç´¢çµæ

 

いまの公的病院かつ安月給では、十分に子供のお金をかけられないからです。

一般の商売などと比較して、開業である一定の収入に達する確率は、飲食業などをするのに比較して、成功確率が高い

<広告>

 

 

 

 

自分の商才には疑問がありますが、一般的な医師なら何とかなる世界なようなので、逆に誰でも行けるのなら、芽が出ないと悟った時点で、生きる道を変更しようと思っていました。

 

貧弱勤務医 → 初心者開業医

 

投資をしていたのはアーリーリタイアのためです。

開業してしまっては、商売は簡単に閉じれませんので、すなわちアーリーリタイアを諦めることと等しいです。

 

 

葛藤がありましたが、

いったんこの決断を2年延期することにしました。

 

それは確変?かもしれない事象が起き始めてきたからです。

 

ちょっとだけどシンポジウムの演者。

少額だけど研究費の獲得。

<広告>

 

 

 

 

 

小さな努力の結晶ですが、乾ききった心の砂漠に一滴のみずがしたたり落ちたようです。しみわたりました、そしてあと2年だけ頑張ることとしました。

 

努力は小さな確変なので、続けないといけないですね。

もう少しだけですが頑張ります。