リウマチ外科医の徒然草

より良く生きるための抜け穴探しのゆる~いブログ

子育てが余裕をもってできない社会はどう変えればよい? 日本の未来を少しでも考えてみたい

言い得て妙な記事を見ました。 bunshun.jp 小生も1歳半の子供の親に、遅ればせながらなりました。 そして、3か月から6か月まで海外での生活を子供に、奥さんにさせた経験があります。育児休業は、社の規定では3年まで可能なのですが、実際にそれを取得できる…

同業他店はヒントの宝庫  解決策を考える近道はまず隣接分野から ~すこし再置換術に勝算が増えた

管理人です。 今日は、仕事上のトラブルもしくは越えるべき関門に出くわした際、有効な対策が見つからなかった時にどうするのかというお話です。 横浜で第92回日本整形外科学会が開催されています。 主幹が札幌医大なのに、会場がパシフィコ横浜なんて、はっ…

仕事より大事なものはあるのか? が家族より大事なものがあるのか? に変わった理由

みなさま令和元年おめでとうございます。 管理人は仕事に出ているわけではないのですが、家庭の業務(子供の遊び相手、お出かけの準備、食事の支度)などに使い倒されて、自分の仕事を連休中に進めるということができていません。 5月連休明けからすぐに整形…

人生を決めるのは運でも実力でもない だけど確変が起きるまでは別の努力が必要だ

怒涛の一週間が終わろうとしています。 リウマチの中でも手外科の人には、いいような悪いような。 日曜日から始まった学会で、水曜日に京都から札幌に移動、手外科学会にとハシゴする形になりました。 心境の変化から、最近メインの学会では最低2演題、でき…

チファジャの相次ぐ値上げによって時代の移り変わりと終焉を感じた 焼肉の趨勢は高級志向?

管理人は、決して大きな体躯をもつ高排気量のスポーツマンではありません。 今でこそ、桃田選手の活躍によってメジャーになりつつあるバドミントンを10年以上してきましたが、それも学生の頃の話です。 もはや競技していた年数と、その後の年数がいつの間に…

関節内注射はやっぱりブラインドじゃなきゃダメ ープロとしての矜持を大事にしようー

管理人です。 最近、勤め先の特殊性が大きく影響しているのだと思われ、 関節炎の原因診断に苦慮するような症例ばかり見ているような気がします。 例えば一例を紹介します。 ・以前に膝が腫れていて、他の医師により腫脹している部位を、「軟部腫瘍」として…

ANAマイルはマイルでしかない。楽天ポイントの交換先のストラテジーを変更した

年度末ですね。 去られる方々が、部署に挨拶に来られてお菓子がいっぱい置いてあります。 これはいかんですね。ついつい食べてコーヒーを飲んでしまう。 ふ、太る! ところで 今日はマイルと楽天ポイントと投資信託です。 わたしはANA派ですが、マイルは必ず…

Drストレッチはマッサージとは異なり、私の中の強固な壁も乗り越えるくらいいろんなものを柔軟にした?

管理人です。 先日、はじめて前から気になっていた Dr.ストレッチ に行ってきました。 初回半額チラシ これにひかれてしまいました(笑) 自分の仕事がメディカルなので、基本的スタンスとして、いわゆるbone setterというものを支持していません。 しかしこれ…

次回学会の招待シンポジスト候補は彼しかいない。 類を見ないほどの考察力で学会を変える?!

管理人です。 いつものようにブログ回診をしている中で、久々の小気味よさと感嘆を感じたので、アップします。 seikeigekai.org 発端は、記憶に新しいニュース。 透析に関することでは、これまで数々の人々がツイッターなどで放言しては、炎上してきました。…

ほんとうにどこにあるのか?ベストな人生  価値観の転換世代が頭においておくべきこと

管理人です。 奥さんがとある企業に勤めていまして、社内で購読している雑誌 「日経ビジネス」にこんな記事があったというのです。 最近よく口にするので、会社からこっそり借りて帰ってきてくれました。 それを読破した印象を述べます。 ベストな人生とは幸…

孫氏の兵法に学ぶ、ビジネスを含めた人間関係の極意とは?

最近思うところがあり、 孔子の「論語」を読んでいました。 正確には 超訳の本を読み返していました。 「仁」が最も徳の高い、気高い、得難いものであると。 自らを律し、あづかり、高めてもたやすく到達できる所ではない。 孔子さん>それでは一般人は身動…

最近は何でもRecommendationになるのな。 EULAR recommendation for PA with iA+OA (iAとOAの運動について)の備忘録

年次が上がるにつれ、目の前の仕事の煩雑さと、自分のやってきた道を進むのが一番楽なので、思わいもよらず同じところを惰性で進んでしまいがちです。 そんな自分を戒めるがごとく、最近は先年のEULAR本会に発表および参加しました。それに伴って、毎号Annal…

関節リウマチにおけるサルコペニアが少しは明らかになってきた

本業についてです。 以前より関節リウマチにおけるサルコペニアには興味を持っています。 www.orthopaedicrheumatologist.com www.orthopaedicrheumatologist.com どうも知識が散らばっていて、日本におけるまとまった報告もなく、どこから手を付けてよいの…

不動産は価格のふるまい動産で売却においては不動産である -- マンション価格は下がらない予感がする

住宅価格の高騰が止まりません。 小生の澄んでいる地域は、もともと土地が少ないこともあって、周辺の別都市に比べて明らかに高い売り出し価格が設定されていることが多い、地域特性があるところでした。 あるところ? というか、そういう説明をされていまし…

サンバイオショックについて総括する 難平買いはご法度を強く心にかみしめて

管理人です。 ほとんど東証一部や外国の主要銘柄の有価証券の投資経験しかなかった小生が、今回初めて証券の暴騰落を経験したので、備忘録として書きます。 #サンバイオショック <広告> // サンバイオとは 大日本住友製薬との共同開発薬であるSB623を売り…

明日の診療からすぐ変わる! >脊椎関節炎について考える 耳学問は100日分の価値あり

管理人です。 脊椎関節炎についての講演をきいたのでノートがわりに記載します。 耳学問というのは、講師の先生のレベルにはもちろん聞いただけでは上がれませんが、自分とのレベル差がかなりある時には、とても有効ですね。 その先生が100日くらいかけて勉…

昨年の不労所得とその利回りから今年の投資スタンスと目標を再設定する  長期に相場に居続けるために

管理人です。 周囲ではインフルエンザが猛威を振るっています。 かかる本人がしんどいのはもちろんのこと、治った後も職場の環境が良くなければ、欠勤で割りを食った方々への申し訳なさで、インフルエンザに罹った人はつらい思いをします。 もっと早く日本社…

アクテムラとserologyと炎症反応 他剤ではどうなのか?

先日、アクテムラの記事を書きました。 www.orthopaedicrheumatologist.com 問い合わせを行った情報と、各論文を自分なりに目を通しての雑感と考察です。 <広告> // セロネガティブにこそ有効とまで断言はできない 担当者から紹介された情報は以下のもので…

セロネガティブ関節リウマチ症例にアクテムラやケブザラはより有効って本当?

管理人です。 多忙だけでなく、年内で少し重い任を解かれるのでやや終わった感といいますか、ゆっくりとしたいという気持ちだったので、更新が滞っていました。 先日、疼痛が強かったので、久しぶりに入院の上のバイオ導入を行いました。 <広告> // 症例:…

考えられないことを考える(Thinking the unthinkable) 未来の医療界における人の役割を考える

リウマチ界のNew England Journalともいうべき雑誌、言わずと知れた Annals of the Rheumatic Diseasesにある記事を見ました。 この最高峰の雑誌に、近未来についての記事が載っていました。 <広告> // Thinking the unthinkable www.ncbi.nlm.nih.gov オ…

われわれ世代が支配層に勝たないと未来の世代の希望を奪ってしまう。 公正さと正義を忘れかけたころにもう一度読みたい記事

思うところがいろいろあります。 年を経るにつれ、今さらながら世代間の違いと対立構造について考えさせられる機会が多くなってきました。 最近であれば、身近な話題はM-1グランプリのとろサーモン久保田の暴言事件と、上沼恵美子の立ち位置、松本人志の考え…

今年も恒例の損切りの季節がやってきました。 卒損切できるのはいつになるやら笑

今年も損切の季節がやってきました。 そういえば昨年も同じようなことを考えていたのか、、、 www.orthopaedicrheumatologist.com <広告> // 損切りの限界日=デッドライン 昨年、私はこれで損切りを失敗しました。 そう聞くと、普通は 約定日 >> 3営業…

母指Nalebuff分類 TypeI変形へのベストトリーメントは何か? カオスな現状と暗黙知の統合のための備忘録

最近、一周回ってまた母指変形に凝っています。 これまで、TypeI変形の疫学などを中心に研究・発表してきました。 最もよく見られる変形にもかかわらず、 ”どこから”が変形で、 ”どこから”が手術が必要で、 ”いつまで”に治療を始めないと、 ”どのように”なる…

交錯する整形外科医と脊椎外科医とリウマチ医の未来 10年後はすでに吸収か もしくは独立か

今日は不確実な未来についての話です。 以前にも書きましたが、リウマチ外科医はすでに絶滅危惧種です。 学会などに行きますと、整形外科医といは俺たちだといわんばかりの、 股関節外科 膝関節外科 脊椎外科 スポーツ外科 ・・・・・などなど リウマチ外科…

定年が70歳まで延長になるだ!? アーリーリタイアを目指しているのに泣

管理人です。 日々の業務負担に耐え切れず、更新が滞っていました。 次の業務は、11月8日に迫った学会発表のスライド… 昔は1か月前から取り掛かっていたのに、なんと鈍感になったことか それよりも、こういうときほど、ほかのことをしたくなるのが人間っても…

研究会の名称さえも個人の意向で蹂躙されてしまった。 社会そのものが権力による蹂躙に立ち上がらないと未来はない

管理人です。 多忙を極めていまして、連日11時過ぎまで仕事していて、、、 まだ一息ではないのですが、一つのイベントが終わったので。 日本RAのリハビリ研究会 33jarr2018.wordpress.com この研究会に初めて行った、知ったのは5年ほど前になります。 新潟出…

もっと前向きな気持ちで向き合きたいぞ!科研費とやら。 ブログがうまい人に依頼が一番!

例年のこの時期がやってきました。 毎年、鬱っぽい気持ちと後悔、羨望、圧迫と様々なネガティブな気持ち一通りすべて経験する時期です。 もしかすると、ある人にとってはものすごく明るく、前向きな気持ちになるかもしれませんが、少なくても私にとってはそ…

マイオカインの本当のところはなんなのか? Il-6と筋量、代謝の関連を知りたい

今年も科研費の季節がやってきました。 科研費は、応募ベースではあるのですが、わかりやすく業績になるので、大学組織では持っているかどうかが、重視されるし提出しないというのは許されない環境にあります。 建前としてはこれから行う研究に対して助成を…

セロネガティブの関節リウマチとは何者なのか? 明らかに異なる臨床像が悩ましい

以前に抗CCP抗体についての記事を書きました。 www.orthopaedicrheumatologist.com 今となっては、ACR/EULAR2010分類基準を用いた関節リウマチの診断に、 抗CCP抗体(ACPA)は欠くことができないほど重要な検査項目となりました。 ところが、この抗CCP抗体や…

最近の尺側偏位矯正手術のあれこれTipsを詰め込んでみた(備忘録再開)

管理人です。 ここのところあまりにも多忙で、更新できていませんでした。 忙しいとはまさに、字のごとく。 心がないので、何も考えていないのです。思索を巡らせることができないのです。 「書くことがないっ!」 思い切って休むとともに、 原点に戻って、…