リウマチ外科医の徒然草

リウマチ診療を中心に過ごす外科医の、日々あったこと、考えたことをつづります

牛タンってどうしてこんなに食べたくなるんでしょう?

人は時々、「どうしても焼肉が食べたい!」

となってしまうことがあります。

 

牛タンの多くは、ニーズと供給のバランスから、

多くがオーストラリアなど、外国産になっています。

 

それでも、牛タンが食べたいのです。

f:id:orthopaedicrheumatologist:20170906232142j:plainこれで3人前

 

焼肉に使われるのは、薄焼き、厚焼きとありますが、

もっと分厚い食べ方として、仙台の「牛タン焼き」が有名です。

 

太平洋戦争が終結し、日本が復興に向けて歩み始めた昭和23年、仙台牛タン焼きの歴史が始まりました。
 仙台牛タンの生みの親「太助」の初代店主 佐野 啓四郎氏(故)が、洋食料理の中で使われていた素材「牛タン」の旨さのとりこになり、試行錯誤を重ねた末「牛タン焼き」が誕生しました。その自慢の一品を、お店で出したのが仙台牛タン焼きの始まりです。

 

 

www.junpeihazama.com

 

私も、今年学会で仙台に行き、頂戴しました。

 

 

f:id:orthopaedicrheumatologist:20170906233206p:plain

 

伝統的に、

麦飯、南蛮漬け、もやしスープ

これでないといけません。

 

 

ダイエット的にはどうなのか?

 

牛タン定食は、基本的に定食なので、バランスがよいですが、

しかし糖質も十分とってしまいます。

 

牛タンの焼き肉は?

しっかりと塩焼きで、ご飯を食べずに、野菜とともに食べれば

結構ヘルシーなのでは?と思っています。

 

コレステロールと、タンパク質、これを燃やす運動。

たしかに行けるかも。

 

やってみましょうか?牛タンダイエット!笑