リウマチ外科医の徒然草

より良く生きるための抜け穴探しのゆる~いブログ

杉村太蔵が年間配当金2000万円⁉ 彼にもできるなら自分もと思わない方がいい

管理人です。

 

昨日テレビを見ていて、衝撃の事実を聞きました。

すでに何年も前から公開されていることのようですので、いまさらですが、投資のコンセプトを含めて、あらためて見直してみることにしました。

f:id:orthopaedicrheumatologist:20180521135954j:plain

 

彼はもう5年ほど前になりますが、集中投資と売却で500万円の元手を2600万円にまで増やしているそうです。普通は分散投資をしてリスクを取らないように一般人はするところで、東京オリンピックをにらんで建設業に集中投資したとのことです。

 

これ自体はややギャンブルとも言えますが、そのコンセプトが大事です。

 

「僕の投資スタイルは、大きな政治の流れから、株価がどう反応するか予想するところからスタートします。そして、確信をもって一点集中すること。一昨年11月の段階で予想されたのは、円高から円安への転換でした。そこで、 円安の恩恵をいちばん受けるのはどの業種かを考えた。逆にいえば、野田政権下でもっとも苦しんだ業種は何か。僕からみて、いちばん気の毒だと思ったのは自動車業界です。円安に転じれば確実に輸出が増える。だから自動車株を買ったわけです」』(引用元:現代ビジネス http://gendai.ismedia.jp/articles/-/38253

 

 

 なるほどです。

彼は衆議院議員であったこともあり、その視点を持つことができるのですね。これはわれわれのような一般人にはむつかしいところだと思います。

 

でもできるだけ大きなマクロ視点を持つことができれば、超長期逆張り投資にも有効かもしれません。

 

もう一つ有効な手段をしているようです。

『買った株が値下がりすると損をしたとお思いでしょう。確かにそうですが、下がったときこそ買い増しのチャンスなのです。私が今回のアベノミクス相場で、資産を1000万円以上増やすことができたのも、株価が下がったときにコツコツと買い増しをしたからです。』(引用元:NEWSポストセブン http://www.news-postseven.com/archives/20130816_204920.html

 

ナンピン買い、ですね。

投資歴は15年くらいはあるようです。

 

 

ただ、これは下落局面ではかなり危険な賭けになります。含み損が大きくなりすぎて、損切りすらできないという体力的に限界を迎える可能性も否定できません。

 

これらの結果が年間2000万円

 

ここまでくると、彼はもうテレビ出演はいらないのではないかとすら思えるくらいです。月間の不労所得が160万くらいあるということです。

 

 

 仮に年間4%で回っていると仮定しても、

2000万÷0.04≒50000万??

 

 

 

杉村太蔵をあほキャラでみるのをすぐにやめた方がよさそうです。ww

 

 

 

 

 

 

休日労働をしてでも積み上げたものが本当に勝つのか?それは自明の理でない気がする

やっと週末になりました。

なんだか多忙な1週間だったように思います。

いちリウマチ医がリウマチ医としてどうあるべきか、存在意義について考えさせられる1週間でした。

 

 

ともあれ待ちに待った週末です。

仕事などはOFFしたい というのが、本来の自分の心の声です。

f:id:orthopaedicrheumatologist:20180519093842p:plain

 

もちろん、アーリーリタイアは目指しますので、勉強と実践に向けた営みは続けますが、以下のようなものはできれば避けたいところです。

 

 

f:id:orthopaedicrheumatologist:20180519094128j:plain

 

 

勉強に行く時間が週末にしかないというのもよくわかるのですが、ここ5年ほどはこういうものが乱立しておりまして、毎週末どこかしらいかなければいけないという状況が続いていました。それだけでなく、身内の会なども平気で平日ではなく週末のGoldenTimeに突っ込んできます。

 

このような会の案内をもらうときに、断るのが申し訳ないという気持ちと、上記の自分の時間を失う残念な気持ちが交錯します。

 

また同時に、自分に案内を持ってこられた担当者さんも顔出しするように下命されるのがわかりきっているので、むしろ「行けたら行く」とはいわず、即答で「行かない」とはっきり言ってあげた方がよいのではないかと思ったりもします。

 

<広告>

 

 

われわれの業界以外では、週末に給与も発生しない業務外の自主的活動という位置づけのイベントについてはどう考えられているのでしょうか?

私を甘いと思う方も多くいるでしょうし、正直なところ、世間ではどのように考えられているのかを知りたくなりました。

 

法的側面から

roudou-pro.com

 

休日出勤に対しては割増賃金や代休などの代わりの対価を提供しなくてはなりません。 (労働基準法37条)

 

 「休日に労働させた場合においては、割増賃金を支払わなければならない。」

 

とあります。

ということは、仮に賃金が支払われていても、時間外として通常通り時間給を払うでは対応として十分でなく、さらに代休を請求できるということになります。

 

さらにわれわれの業界でよくおきていることですが、形上”自主的な”会合はどうなのでしょうか? もちろん主催する上司も来なければいけないのである意味条件は一緒といえば一緒ですが。

強制参加の研修など

研修や懇親会などは会社の休日に行われることも多いでしょう。そのような休日に行われる研修が強制参加になっていたり、欠席したことにより何らかの罰則を受けるようであれば、休日出勤になります。一方、任意であれば休日出勤は当てはまりません。

 

これについては、YAHOO!知恵袋で検索してみました。

 

しかし法律上の相談などが多くを占め、私が知りたい内容の世間における趨勢をみきわめることができませんでした。

<広告>

 

休日出勤はあくまで会社側からの要請

 

 以上のことをまとめると、

 

あくまで会社側からの要請なので、自己都合があったりで出勤を断る権利は労働者側にあるといえます。ただし。。。 会社側からの本人の評価が下がる。

 

最後の一文が問題なのです。

 

f:id:orthopaedicrheumatologist:20180519171741j:plain

 

 

もう週末に会議はやめてください

欧米では、休日を休日として有効に過ごせないようであれば、逆に何かが足りない人と思われるのですが、日本では逆に他のライバルを出し抜くために、あえて嫌な業務をしてスコアを稼ぐ。そう、休日など会合に出席をするということを信条にしている人間も存在します。 私の同僚にもいます。 会社人として生きていくのであれば、これくらい当然!という意見もあることは重々承知しています。

 

 

ただ、私としては必要とされる業務をきちんとこなしている上であれば、週末に任意という形式で行われる生産性の非常に低い会議などを、欠席しても問題はないと思うのです。 これが部門全員で形作るプロジェクトというのなら、 もちろん喜んで準備から引き受けます。 ただ形式的に月に一回行うなどという会議はもう御免です。 

 

時々、私にこういう人がいます。

「顔見せ」をしておいて、えらい人に自分の存在を知らせておくことが大事なんだよ。

<広告>

 

 

もはやうんざりです。

 

人間、自分のやってきたことの積み重ねで形成されます。

「積み上げ」が休日出勤によるポイント稼ぎだなんで、そんなさみしい時代はもう終わりにしてほしいのです。

f:id:orthopaedicrheumatologist:20180519172504j:plain

 

 

我が家の場合、奥さんもそのような任意の「ポイント稼ぎ」にはいかなくてよいと、断言してくれているので、大手を振って、家で自分のことをさせてもらいます。

 

では。

 

 

いまさらながらファイナンシャルプランナー(FP)3級の勉強を始めました

管理人です。

いつも職場での食事後のひと時など、いろんなブログを回遊し、自身の知識を増やしていくのを楽しみにしております。

f:id:orthopaedicrheumatologist:20180516102228p:plain

ブログとは面白いもので、

本来は書店に行って、お金を出して専門書を買い、時間をかけて理解しながら自分の知識に入れていくべき事項を、ごく短時間で、専門書よりも深いかつ具体的な解説で、本当の専門家たちが解説してくれる。

 

そう、魔法のようなツールです。

もちろんその手軽さゆえに、存在する情報は玉石混淆でして、他の記事のコピーペーストや、ただ表面をなぞった記事、誤報など様々です。したがって、読み手にもしっかりと情報を咀嚼する能力を求めます。

 

とはいえ、利便性がはるかに勝るので、いまや女子高生を含めて人口の多くが調べ物がある時には

スマホで検索→ブログなどの記事を発見→解決

 

というように日常生活を行っていると思われます。

 

そして私のブログも、リウマチ外科医を目指す若手の参考書がわりや、疾患に苦しむ患者さんの心の芽を開くのに役に立てばいいなと思っています。

<広告>

 

 

 

自身のレベルアップになっていると誤解していた

 

かくいう私自身も調べ物の多くはネットでやってしまいます。加えて、投資に関する知識は、断片的にでも知識の集簇を測ることで、全体像を理解できるであろうという方針で、自身の経験とブログ主のコメントをもとに暗黙知といわれるものをため込んできたつもりでした。

 

 

ところが最近実際に投資を行っている、カフェを開店する、アパートを新規開拓するを継続している友人と話をする機会がありまして、

 

・頭でっかちで知識の整理がなされていない

・理論を受け売りするだけになっている

・受け身では実行力の研鑽にはつながらない

 

これらのことを思い知らされました。

もちろん今の状況下では不動産や債券など手を出しにくいことは重々承知しているのですが、受け身になっていて行動力がなくなっているのです。

f:id:orthopaedicrheumatologist:20180516103729j:plain

<広告>

 

 

 

自分で動く姿勢を構築することろから鍛えなおしじゃ

 

 一念発起することにしました。

 

普段の仕事で、指示を受けて業務をこなすことに慣れ過ぎていたのでしょう。

「自分で行動を起こして、自分の考えもつ」

 

まずここを目標とすることにしました。

 

知識を増やすための基本、

本屋さんからです。

 

そして買いました。

f:id:orthopaedicrheumatologist:20180516104043j:plain

 写真は昔のものです。自分のは早速よごしてしまったので

<広告>

 

 

 

 

まずは、バランスシートの理解から。これまで楽なところを流してみるだけでした。

 

自分で計算するということが、いかに大事かを思い知りました。

 

管理人、リスタートです。

 

 

飲み友達とアーリーリタイアについて議論してみた セミリタイアがベストか

日本の中には、いまだ生涯にわたって仕事を続けることこそ偉人という考えが根底にありますが、今の時代、その考え方は古くなってきています

 

 

欧米では、定年を機に、大学の教授を辞したのを機に、ワイン畑を栽培したりする、いわゆる第2の人生の始まりととらえることは是とされています。自分の時間を大事にするという考えからでしょうか? 他人の自分への必要以上の干渉を嫌い、同時に他人に利するように第2の人生を設計する。そのような人も少なくありません。

www.highlandswinery.com

f:id:orthopaedicrheumatologist:20180513181254p:plainZinfandel

 

先日お会いした、このワイナリーのオーナーさんも、定年までは地質学の教授をされていたようで、その経験をもとに定年後ワイン畑を買ってワイナリーを作ったようです。

とても生き生きとされているとともに、70を超えるご高齢であるにもかかわらずわれわれと一緒に飲んで、ボトルにサインしてくれる姿には、憧れさえも感じました。

 

 

 

友人との議論

 

その中で、自分が遊ぶというためだけではなく、自分のやりたいことを中心に生活を組んでいくという姿勢の中で、アーリーセミリタイアをするという話をしました。

 

友人は後輩ですが、とある県で救急医をしています。専門医をそろそろ取得するくらいの経験で、自分の出身地を離れて、様々に環境を変えながら、自分の経験を蓄積しているようです。さらに、ウルトラマラソンに出場したり、自分の生活も救急医らしからぬ生活スタイルを貫いています

 

f:id:orthopaedicrheumatologist:20180513181918p:plain

 

この写真はあまりにリゾートですが、目指すところはこれではありません。友人と目指しているのは医業のシェアリングなのです。

 

週に3回前後の外来や手術など、一つの医院における業務を分けてしまう。責任もわけてしまうという形を考えています。

 

 

 

これを実現するには、小さなクリニックの形をとり、自由度の高い経営を取る必要があると思います。

もちろんその分の収入は減少します。実動が少ないので。

もしも収入が足りなければ、残った日は他の場所で医業をするのもいいですし、別の仕事を本業としてやったらいいと思っています。

今はやりの副業ではなく、本業として。

 

友人は、居酒屋かレストランをやりたいといっています。

そしてそのために、ソムリエの友人、料理人として自身も修行、経営学の勉強、これらをすでに始めているというのです。

 

彼は30代前半、すえが恐ろしい。。

 

投資におけるアーリーリタイアは遊んで暮らすことが目的?

 

通常、アーリーリタイアは事業などや投資で十分額のゲインを得た人が、その資産から生み出されてるインカムゲインだけで暮らせてしまう状態のことを言います。

 

仕事はやめて、遊んで暮らす。。。。なんていい響きだ。

 

 

 

ただ、われわれ医師は自分の利他的な部分を外に持ち続けないとどこかの政治や利権のことしか考えていない教授のように、自分の決裁権の大きさを原因に暴走をしてしまう可能性があります

 

 

 

 

www.orthopaedicrheumatologist.com

 

先日も書きました。

ひたすら、患者さんのために・・・を失うと、お金や権力の亡者になってしまうのです。とはいえ、ずっと医業のみでは、本当は自分が趣味としてしたかったこともしないまま人生の後半を迎えてしまいます。

 

 

自分のキャリアは自分が作るという姿勢だけは忘れたくありません。

 

年齢の十の位が繰り上がる年が迫ってきている自分の中に、目指す姿がはっきりと見えた議論でした。自分の第1本業はとっくに決まっています。

 

これから大事なのは第2本業の決定だなと。おぼろげながら形はあるのですが、定まっていないので、勉強を続けていこうと思います。

 

 

抽象的ですが、第一本業をセミリタイアで5年後までには迎えたいと思います。

では。

ここまで進んででは、いかにハンドセラピストでも苦労するのか? 伸筋腱脱臼の恐ろしさ

、管理人です。

今日はリハビリのお話。

 

以前に知っておくべき変形として、とある変形手をご紹介いたしました。

 

www.orthopaedicrheumatologist.com

 

この時の動画がこれです。


知ってると得するスワンネック変形の特殊形

 

 

スワンネックが腱の尺側偏位と脱臼によって不可避なほど変形と機能障害をきたしております。すぐに手術をしても成績が良くないので、先にリハビリを4か月行いました。

 

作業療法士・ハンドセラピストによる2回/週が継続しています。

<広告>

 

 

 

そして現在の動画をお見せします。


5gatu matome

 

いかがでしょうか?

MP関節の伸展制限は少々改善したような感じです。しかし、相変わらず頑固な右環指の拘縮があります。中指は偏位しているので、ある意味通常の尺側偏位なのですが、環指のこの位置がなにか病態を見逃している気がして、気になって仕方ありません。

 

 

f:id:orthopaedicrheumatologist:20180511150638j:plain
f:id:orthopaedicrheumatologist:20180511150652j:plain
左が4か月前 右が現在

 

現在私が想像している病態をお示しします。

 

意外と小指が尺側偏位していないことから、小指は外在筋、すなわちEDCとEDMが拮抗しているのではないか、MPJで腱間にボタン穴変形様に引っかかっていて、尺側への力がキャンセルされているのではないか? その結果両側の内在筋腱のテンションばかり上昇して強いスワンネック変形をきたしている。なので小指はMPJで屈曲位に固定される。中指のの伸筋腱は、一般的と同じく(動画のとおり)尺側に偏位と脱臼をしているので、指は尺側に傾斜します。結果として、環指は尺側に小指の壁、橈側から中指の壁が迫ってくるため、挟み込まれて、クロスフィンガー様になる。

 

その証拠に、指のグリップ位では環指の追いやられた感は軽減します。

 

f:id:orthopaedicrheumatologist:20180511151805j:plain

<広告>

 

 

 

ということで現在の手術計画です。

示指の尺側内在筋腱切離

中指の尺側内在筋腱切離→Tompson-littler 伸筋腱矢状索再建→腱中央化→腱延長

環指の尺側内在筋腱切離→(?)環指の腱の位置が同定できていないのです。

小指の尺側内在筋腱切離(ADM)→伸筋腱矢状索修復

 

これからMRIやエコーの力を借りて、解剖を明らかにしてから実際には臨みます。

 

 

コペル君を通じて学ぶのではなく、自分の心と対話することが大事

先日、話題の本でありながら、値段が高いことでなかなか手が出なかった本を嫁が買ってきたので、先に読ませてもらいました。

 

f:id:orthopaedicrheumatologist:20180510144716j:plain

 

「君たちはどう生きるか」です。

ずいぶん昔からある本ですが、最近池上彰さんが最も影響を受けたと発言したことで、もとの文章だけでなく、このように漫画でわかるシリーズも出ました。

 <広告>

 

 

この本はなんなのか?

 

中学生(戦前)のコペル君とオジサンが、日常のやりとりで交換日記を通じて会話を重ねていき、人生とは、人とはを学んで行く物語です。

 

もっとも私が感銘したのは、自己とは社会の一部である小さな存在であると同時に、他人や環境に流されるのではなく、自分自身の根っこをしっかりと持って、自分をしっかり立てて生きていかなければいけないというところでした。

 

 

漫画でわかるシリーズの割には、文章のところが多く残されています。他の漫画シリーズと比較すると文章力と読解力がわれわれ読み手にも要求されます。文章はシンプルなんですが、読み手の心の中にある経験や思いと反応して、多用な意味をもつ、考察や示唆に富んだに、読書感想文に向く本といえます。

f:id:orthopaedicrheumatologist:20180510145655j:plain

 

 

もっとも、いまさら読書感想文は私は書きたくはありませんが。

 

 

自分の道は自分で選び取って生き生きとしなければいけない

 

文章は少し違ったかもしれません。

しかし、このようなことが書かれていたように思います。

 

 

高度に発展した今の社会では、会社などの組織が優先されすぎて、個をころすことが過剰に要求されているように感じます。

業務内容も上司の命令は絶対、常時の上司の命令はさらに絶対、この繰り返しで、個人が生きる意味を考えることが許されなくなってきている気がします。

 

会社の存在意義が「社会のために役立つこと」ではなく、「手段を問わず利益を上げること」となっていることも拍車をかけているように思います。

<広告>

 

 

こんな問題もありました。

 

www.orthopaedicrheumatologist.com

 

銀行はすべからく、庶民の敵であるという風にさえ思えてきます。

 

 

 

われわれ日本人は、ある我慢強い民族です。

それゆえ個人という分子がぶつかり合う社会の中で、過剰に個を押し殺して、会社の正義の身を真実だと信じて行動するということが、自分の心と反する形で進んでいるのではないでしょうか?

<広告>

 

 

私はこの本を読んで、自分の根っこからあまりに離れた要求や利用しようとしてくる対象には、手を貸さないことを決めました。

 

 

また他の本ですが、人間が幸福感を感じるのは、究極に利他的になれた時であるという統計があることも知りました。

 

リウマチ医として、やることは明確です。

ひたすらただ、患者さんの未来のために。