リウマチ外科医の徒然草

より良く生きるための抜け穴探しのゆる~いブログ

Bank Austria海外銀行口座の開設方法の備忘録

管理人です。

留学の目的を、半分銀行口座の開設に置くことにしたと書きました。

 

www.orthopaedicrheumatologist.com

 

ロンダリングしないといけない資金などありませんが(笑)

海外高金利の預金や商品は気になります。

 

 

しかし、現状一般の状態(誰かの紹介など)を除いて、簡単に海外で口座を作ることは容易ではなくなっているようです。

国によるが現状は厳しい

一昔前までは、日本国内に在住している日本人であっても、海外の銀行口座開設は比較的、簡単に行うことができました。しかし、世界的な金融規制もあり、現在は日本国内に住む日本人が、海外の銀行口座を開設するのは非常に難しくなっています。

もちろん、現地に合法的に滞在する査証を持ち、労働許可証を取得し、合法的に居住や仕事をすれば、現地の銀行口座開設は容易です。しかし、口座開設のためだけに、海外へ生活の拠点を移すのは非現実的と言わざるを得ません。

ただ、広い世界。探せばまだまだ日本人が日本に在住しながら合法的に口座開設ができる国が存在します。さっそくご紹介しましょう。

【驚異の金利】外国の銀行で海外口座開設!日本人でも口座開設可能な国をご紹介!

 

 

 

今回は実際のやり取りについて備忘録を作成します。

 

 

Bank Austriaの口座の種類について

 

 2018年1月時点では個人用口座は以下の種類があります。f:id:orthopaedicrheumatologist:20180114164622j:plain

 

・リラックス口座

 (全てまとめて1ヵ月約8€=1000円)

・オンライン口座

 (オンライン中心の取引で月2€ 送金などの際は1回3€)

・パーフェクト口座

 (オンラインに支店での窓口を追加で月4€ 取引個別手数料0.3~1.5€)

 

Bank Austriaは英語ページがあるので、

https://www.bankaustria.at/index.jsp

https://www.bankaustria.at/en/private-customers-current-accounts-and-cards.jsp

(こちらの方が英語対応)

 

 

私は基本日本にいますので、オンライン以外ほとんど触ることはありません。SEPA圏内でも送金には3€かかりますが、圏内でのATM引き出しは無料なオンライン口座を作ることにしました。

 

 

オンライン口座では

申し込みまでオンラインで済ませられます。

 

 

 

 

といいますが、どこが申し込み入り口かわかりにくすぎです。

 

f:id:orthopaedicrheumatologist:20180116061005p:plain

 

上のリボンのSHOPから進むのです。

 

説明文が英語があるだけで、

申し込みにはドイツ語しかないじゃないか!(怒)

銀行のお姉さんの言ってたことと違う!

 

 

f:id:orthopaedicrheumatologist:20180116061334p:plain

 

 

こんな感じで進んでいくと、

個人情報を入力するところに進みます。

 

現在のところ、居住者以外の口座開設は制限されているようです。

 

 

入力を終えると、メールで受け付け終了のお知らせが来て数日待つことになります。

 

 

大体3日くらい待つと以下のメールが来ます。

Sehr geehrter Herr ........!
 
Die Kontoeröffnungsunterlagen von Ihnen liegen in der Alserstrasse bereit zum Unterzeichnen.
 
Vielen Dank!
 
P.S.: Jetzt auch online: Mit CashBack Online bei über 500 Onlineshops einkaufen oder auf Reiseportalen buchen und Geld zurückbekommen. Infos und Partner auf http://cashbackonline.at
Freundliche Grüße
 
 
支店に確認書類をもって、署名に来てとのことです。
後日、銀行支店に署名に行きました。
 
最も大事なことは、
居住中の海外の国で税金を払っているかどうかです。
つまり海外企業にやとわれるなどして、賃金が発生する仕事についているかを確認されます。これは健康保険の件とも連動するのですが、税金を払ってない私たちは社会保険も適用されませんし、社会保険番号も与えられません。
日本でいえば納税者番号を持っていないんですね。
 
 
私は日本国籍なので、住民票も日本に置いたまま来ているので日本に納税の義務があります。なので、日本の納税者番号にあたるものの証明が必要でした。
納税者番号がないので、かわりにマイナンバーのコピーを渡してきました。
 

 

 
書類の署名は、銀行員から次々に促されるので、大体5~6回くらいする必要がありますが、スムーズに進みます。そして、終了です。
 
大体10日くらいで、3回に分けて書類が郵送されてきます。
・BankCard
・Pin code
・オンライン用Pin code
 
 
これで口座開設完了です。
先ほど日本の納税と書きましたので、利益が出たら現地では税金がなく、
日本で申告が必要となります。
 
 

 クリックすると新しいウィンドウで開きます

まもなく届きます。

 
 
 

 

 
 
 
 
 
 
 

 

 

 

リウマチ外来の話 ー当日採血が可能でもあえて先にしないはアリなのかー

管理人です。今日もまじめな話です。

 

自分と自分の同僚の外来のやり方しか知らないので、絶対そうかわからないのですが、

リウマチ外来には特有の受診の流れがあります。

 

f:id:orthopaedicrheumatologist:20180118003408p:plain

 

予約の約1時間前に来て採血をしてから受診する

 

なぜそうするのか?

採血の結果は、特別なものを除き、院内でできるものは

大体約1時間の迅速検査が可能なので、

当日の炎症反応を知ることができるからです。

 

 

当然、私も同じやり方に倣ってやっていました。

 

「今日のCRPはこうですね・・・」 とか。

 

 

しかし結構患者さんは遅れてやってくるもので、予約時間に来ても

採血がないため、結局実際の診察は1時間遅れになります。

 

採血結果を待っている時間などは、

外来みんなにとって無駄な時間でした。

 

遅れてきた本人だけではなく他の待っている人たちも。

 

<広告>

 

 

 

国によってこんなに異なる?

 

技術的にはオーストリアも当然同じレベルのはずですが、

どうも日本ほど親切ではないようです。

 

 

と言うのも、見学していたDrが

当日の外来の終了後にカルテを見直しているのです。

 

「?」

 

 

なんだか診察日の採血を見ないな~~~とは思っていました。

 

患者は実は診察後の帰りに採血をして帰っていたのです。

 

 

 

オーストリアの病院システムは、

電子カルテを用いた完全紙システムです。

 

f:id:orthopaedicrheumatologist:20180118031118p:plain

 

AKH以外の病院も同様に、病院のレターヘッドが入った診察結果を印刷します。

つまり、どの病院もその日の結果をA41枚にまとめて記載し、

印刷して患者に渡しているのです。 

患者は自分の結果を持ち歩き、他のDrを受診するときにそれを見せます。

 

 

つまりは、

紙ベースによる全病院共通システムです。

 

 

レントゲンなども、フィルムやCDRを渡すようなことはしません。

画像検査は、放射線科医師がそれを読影し、A4に結果を記載して、患者に渡す。

放射線科医の診断を他の医師が再確認するようなことはありません。

放射線科医の地位はとても高いのです。

 

<広告>

 

 

 

なので、実は私も

こちらに来てから画像検査の結果を見たことありません

サマリーしか目にしていませんです。

クリックすると新しいウィンドウで開きます

 

 

日本の放射線科は責任を取らないけど、こっちの放射線科は責任をもって、

誇りを持っていやっているに違いない・・・・

 

 

リウマチ医は診察を、前回の採血当日の腫れなどのチェックの上で、

投薬内容を決めて、カルテを作成し印刷、患者に渡します。

 

 

多くの場合、処方箋も作らず、家庭医(HausArzt)にフォローをしてもらいます。

治療のアドバイザーといった感じが最も近いでしょうか?

 

 

4ヵ月後くらいとか、決められたころに患者が自分で予約を取って再診します。

 

 

どこが日本と違うのでしょうか?

 

f:id:orthopaedicrheumatologist:20180118005446p:plain

 

紙における情報共有は逆にレトロでかつ画期的でした

安価で、内容も統一しやすい。

 

最も私がメリットを感じたこととしては、

患者自身が自分のことを自分で管理するようになります。

 

 

 

投薬の量などを聞いても自分で確実に答えはります。

ちゃんと自分のことをわかっています。

 

 

ところが日本は「おまかせ」とか「わからん」とか言って、

医療従事者に甘えてばっかりです。

 

 

ある意味カルテを含む情報を患者自身にあたえてこなかったことは、

教育面で良くなかったのかもしれません。銀行の護送船団と同じで。

これに関する考察は今回は控えます。

 

<広告>

 

 

 

 

本題です

 

ではシステムの違いはどのような差を生むのでしょうか?

 

リウマチ医としては、当日でない数カ月前の採血結果から

処方変更などを判断を強いられます

 

正直その日の採血の方が、自分で自信をもって処方を行えます。ただ逆に、

よっぽどのフレアアップでなかったら、おおむね変わらないとも言えます。

 

 

当日採血をすることで、逆に無用なちょっとしたCRP上昇などに踊らされることとなり、過剰投薬などを生む温床になります。

メリットとしては受診日の不調などをとらえることができ、

間質性肺炎などの合併症の最速で知ることができます。

 

 クリックすると新しいウィンドウで開きます

f:id:orthopaedicrheumatologist:20180118031645p:plain

 

ただ、これらのメリットの享受のために、

前述の無駄な待ち時間などの非合理的なものを受け入れているのです。

 

 

でもオーストリアも冷たいわけではないですよ。

クリニック終了後に当日の採血結果をちゃんとDrは確認しています。

 

そして問題があれば、HausArztに相談するよう

本人に手紙を書いて連絡を入れていました。

 

 

そう、あえて当日採血にしていないのです。

 

専門医はその部分だけの担当で、

合併症も含めて基本は家庭医の仕事と割り切っているのですね。

 

<広告>

 

 

 

これを日本でやるとどうなるのか?

 

旧来の人は難しいと思うので、新規発症の方に限りましょう。

そもそも開業医さんでは後日結果ですものね。

 

当日体調不良がある人は採血を行うようにするとして、

調子のいい人は前回の結果が出そろっている状態で、来院後すぐに診察できます

 

コントロール不良や投薬変更前の人だけ先採血を選択する。

HBV-DNAチェックの人も、期間によっては大丈夫。

 

一度患者にどっちがいいか選んでもらうようにしようと思います。

 

 


 

私が日本からあえて内科を選んできた甲斐がありました。

日本式に、何でも自分でできるようにと思って勉強に来ましたが、

こちらではそれは全くのナンセンスなのですね。

持ち帰りするべき内容が多くあります。

 

 

日本の労働生産性のUPの前に自分の生産性のUPを!

最近大事な記事を読みました。

www.kanousei40.com

 

海外にいる管理人ですからとてもよくわかります。

 

海外の人は本当に残業しません。

残業がないとマンションのローンが返せないとかいうことはありえません。

 

日本人の労働生産性は?

こんなサイトがあります。

www.jpc-net.jp

 

f:id:orthopaedicrheumatologist:20180117175954p:plain

 

なかなかショッキングな数字です。

主要国の中でへたすると最も低い部類です。

 

 

 

GDPベースで計算するようなので、

為替の影響は大きく受けるとは思いますが、

1ドル百円を切る時代でも順位が低いことだけは変わりまありません。やはり生産性は低いと考えるのが妥当です。

 

欧州ではどうなのか?

 

ここまでの話からはいかに時間をうまく使うかということが話の中心となります。

 

そのためには、徹底した無駄の削除しないといけませんね。

欧州に来ると、徹底した合理主義、自己責任主義がはっきりとわかります。

 

 

ある意味慣れ親しんだ日本人らしさからすると、

戸惑うところとある意味冷たさまで感じるでしょう。

 

 

そのかわり他人を勝手にジャッジしたりしません。

その分、勝手な感情や不満、愚痴に時間を使いません。

 

日本の人はハッとするのではないでしょうか?

井戸端会議のほとんどはそう、無駄な時間です。

 

 

 

日本の前に自分の構造改革を

 

「陸王」の中でもありました。

「無駄なことかもしれないけど、無意味なことじゃない」。

 

そう、これは未来への投資で、結果は不明でも投資といえます。意味があるのです。

 

自分の構造改革がマストですね。

ルーチンワークを減らして、未来への時間、意味ある時間を増やしましょう。

 

まず本でも読もうかな(#^^#)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

生物学的製剤の導入前のスクリーニングどうしてますか?

管理人です。

今日はまじめな話です。

 

強力な免疫抑制薬を使用する前には、

感染症検査スクリーニングが最近は必須となっています。

 

この状況は

Should be doneであり、医療保険上は疑い病名をつけて検査することになります。

したがって、どこまでするかは努力目標のはずです

 

しかしde novo肝炎による死亡症例に対して、裁判上は敗訴が確定していますので、

われわれは過剰なくらいのスクリーニングを司法から要求されている状態です。

 <広告> 

 

 

 

そこで各学会からガイドラインを策定して、

スタンダードなスクリーニング方法を定めてくれています。

クリックすると新しいウィンドウで開きます

 

 

 しかしHBc抗体陽性例のフォローアップを月に1回のHBV-DNA定量すべしといった、完全に検査スケジュールと、保険医療を無視した内容が含まれています。

また、HBs抗体とHBc抗体が保険上同時に測れないという、

矛盾を含んでいます。

 

 

 

肝炎の予防接種を受けた人はもれなく、HBs抗体が陽性になるので、

全員DNAチェックまでしなきゃいけないのか?。。。

 

 <広告> 

 

 

 

 

もう一つは、結核のスクリーニングが重要です。

 

結核のスクリーニングはインターフェロンγ遊離試験といわれるもの、

つまりQFT検査もしくはT-SPOT検査で行われます。

 

生物学的製剤登場当初は、ツベルクリン反応とこのインターフェロンγ遊離試験を

併用することが求められていましたが、

現在はインターフェロンγ遊離試験単独で行われることが多いはずです。

 

ところが保険上は、画像検査を行っても結核の疑いが残る症例だけが適応となっているようです。

 

 

私も何回もこれで、査定を受けました。

仕方なしに同日に胸部単純X線を追加施行して、なんとか詳記をつけていますが・・・

 

 

でもよく考えてください。

 

検査の感度と必要性が違います。

結核を疑う時には誰もが胸部CTを必要とします。

逆に胸部単純X線の感度なんて知れています。

 

f:id:orthopaedicrheumatologist:20180117003146p:plain

 

免疫抑制スクリーニング時には、インターフェロンγ遊離試験が可能とすることで、

むしろ無駄な胸部単純X線のコストと、患者被爆をなくすことができるのではないでしょうか?

その分、コストを減にして費用負担を減らす。

 

それが必要だと思います。頭を柔らかくしてくださいね

 

<広告> 

 

 

 

 

しかも日本では現在、

MTX導入前も同程度のスクリーニングが必要

とされてしまいました。

国はMTX使わしたくないのか~~い!!

 

誰の何を守りたいのかわからないカオスですよね笑

 

<広告>

 

 

 

 

 

ところで、

オーストリアにおけるスクリーニングはどんな感じなんでしょうか??

 

MTX導入前には実際上行わない。

(MTX導入を優先する しかも結構な容量 25㎎?)

バイオの前には、書類上の説明にサインスクリーニングシートにサインを行ったうえで、さらに胸部CT、QFT、肝炎A/B/Cをチェックしていました。

 

また、HA/B/Vに関してはすべてに関して

抗体・抗原両方を同時に測っていました。

 

日本みたいにちょっとを削減しようとして、

○○が陽性であったら次にこれを測って良いとか、

無駄なルールで時間と思考力を消費するナンセンス

 

かもしれない・・・ というメッセージを痛烈に受けました。

 

 

 

医療保険の違いもあるのですが、

こちらでは目的にずれたルールは作らないというのが明らかですね。

 

 

 

日本に帰国したら、どうしましょうかね・・・

MTX前の胸部CTには抵抗があります。。。

 

 


 

 

 

 

シンガポール株の配当が来ました 年率5.3%でまわっている!

管理人です。

今日は投資の話です。

クリックすると新しいウィンドウで開きます

 

私は

www.americakabu.com

www.a-bout.jp

和波の投資生活ブログ@米国株・ETF&テーマ株投資

 

これらの方々の考察と情報をありがたく拝借し、

自己の考察を交えて

方針とアルゴリズムなどを決めて投資を行っています。

 

 

以前までは、ASEANの国々の投資に興味を持っていました。

上の図を見てください。

 

旅行者としていくのなら、タイとインドネシア、マレーシアはそう変わりませんが、

シンガポールは一枚抜けて社会が発展しています。

 

<広告>

 

 

 

 

最良の選択はベトナムなのですが、

あまりにも情報がなく、国内からの株購入に壁がありすぎます

 

 

したがって経済成長率と、現地での税金がないこと、その割に情報が得られることから

2016年からシンガポールに国を定めて投資を行ってきました。

 

 

www.orthopaedicrheumatologist.com

 

 

最大の難点は国内手数料が高すぎる件

国内の証券会社でシンガポール株取得が可能なのは、

SBI証券や、エイチ・エス証券などで、数社しかありません。

 

で、軒並み手数料が

片道1%前後+為替マージン かかってしまうのです。

 

さらに為替リスクも存在します。

 

とはいえ、日本円一辺倒の資産保持はリスクなので、

日本円ベースでの資産発想ではなく

まだ見ぬ世界通貨的なものの観点で見て

資産の見かけのデコボコは、常に変動するので考慮しないようにすべきです。

f:id:orthopaedicrheumatologist:20180113174258p:plain

資産アメーバのイメージ図



表面上(例えば日本円)のデコボコは、多数通貨をもってリスクヘッジができていれば気にならないはずです。 日本円評価額が下がっても、形を変えただけですから。

 

<広告>

 

 

 

 

でもシンガポール株の配当は総じて高い!

 

大体4~5%あると思います。

 

ってことは片道1%ですので、往復2%・・・

 

長期保有をするならば、投資先の企業の情報量が少ないことを無視すれば、

良い効率ではないでしょうか??

 

 

安定したインフラ系の準国有企業を狙っています。

2016年にはとある銀行株で含み益が結構出たので、利益確定させてしまいましたが、

 

いまは

・シンガポールポスト

・シンガポールテレコム

を保有しています。

 

<広告>

 

 

 

 

1月11日に配当がでました

シンガポールにおける配当情報は出回っていません。

現地では権利落ち日の下落があるので、よく調べればわかるのでしょうが、

日本にいるわれわれからは容易ではありません。

 

1月11日付で(昨年8月以来)

約630シンガポールドルでした。

 

630×85円 = 53550 / (投資額)2000000 = 0.0267

 

半年で2.67%でした。

 

NISA口座を使っています。2020年で一度口座が切れますが、

それまでにつみたてNISAが限度額が上がっていれば移動も考えます。

 

年率5%越えに、満面の笑みの管理人でした。

そう、長期保有前提であれば悪くないのではないでしょうか?

 

 

 

 

日本と海外の社会保険の違いによる受診システムの違い

管理人です。

海外といってもオーストリアしか行ったことがないので、

正しいかどうかがはっきりといえないのですが、

今身近に感じる所感を書きたいと思います。

 

 

海外でもアクセス制限はあるもののかわらない

私が行ったのはいわゆる「大学病院」です。基本的には重症の患者を見るようにできています。

So, the hospital I visited is basically a university hospital, which is configulated to meet patients with severe diseases.

 

ところが、くくりが「専門医」なので

予約を特別にとるか、「一般医」からの紹介が必要です。

 

受付でe-cardか私的な保険の証明書を出して、

受診が終わったら、後日家へ請求書が送られてくる。

「訂正」 e-cardを持っている人は基本無料のようです

ただ、毎月の給与から引かれている額が比較的高額のようです。

 

 <広告>

 

 

 

 

でも意外と見ている患者は普通なんです。

一般内科医(general physician)が見た患者のうち、

必要があればreferredに来る。

 

 

やっぱり、専門医の受診の「値段」が高いのではないだろうか?

The cost of expert's exam might be higher than it of general physicians.

 

 フリーアクセスの日本とは異なり、

ゲートキーパー役がいることになります。

Hence, there's a so called 'gatekeeper' before consulting  with the Experts.

 

f:id:orthopaedicrheumatologist:20180111201537j:plain

AKH: 

Allgemeines Krankenhaus der Stadt Wien - Medizinischer Universitätscampus - AKH Wien - AKH Wien

 

1773床あるらしいです。

ヨーロッパ有数のベッド数とのこと

 

 

 

 

そして基本的には、それまでに検査などが一通り行われているので、

追加の検査はなしに結果と本人の診察から、正解?(診断)を下すというところまでが仕事のことや、それまで調子が良かった患者が悪化した際に予約がとられて投薬変更などを請われるようです。

 

 

とはいえ患者は意外と日本でも「あるある」な感じなんです。

 

投薬内容の文化が違うので一概に比較はできないですが、

一般医の処方後、こうした方がいいよとか、普段の生活に気をつけなさいとか。

 

 

あ、でも最も違うところは、

日本なら明らかに住所不定みたいな人が大学病院に受診したりするのですが、

(誤解を恐れないように付け加えるならば、明らかに1週間ほどお風呂も入っていないし、洋服も変えていないような状態)

 

ちらではそういう患者さんを全く見ません。

誰もがある程度着飾ったり、清潔でintelligenceの高い人ばかりです。

 

f:id:orthopaedicrheumatologist:20180112230052p:plainイメージ

 

 

Leiterの先生に聞いたら、

「誰でもこの病院を受診できる」というのですが、

 

おそらく保険の問題で来れる人しかこない

のでしょう!

「訂正」

生活保護的な制度があまりなく、そういう人はe-cardをもらえないので、

必然的に病院に来ないらしい。です

 

 

よく言うアメリカの社会保障問題も同様ではないでしょうか?

オバマケアの撤廃とか・・・

 

<広告>

 

 

 

 

 

 

日本の皆保険制度がいかに優れているか?って?

それが言いたいのではないのです。

 

 

 

日本の今の社会保障制度は危機に陥っています。

というのも、高額薬剤などや人工透析など

社会保障費で万人にばらまいていることが問題なのです。

 

 

受益者負担の原則が破綻していますので、

過剰供給から不公平が生じて、そして風穴があき、しぼんでしまいます。

 

 

 

投資をする人なら意味がよくわかると思います。

・虎穴に入らずんば虎子を得ず

・小損が怖くて預金だけになり、インフレで大損する

 

何もしない人は何も得ないのです!!

逆に言うと、何を出せるか考えたら、自分の居場所は定まるんですよね笑

 

<広告>

 

 

 

 

話が逸れました。

 

逆にオーストリアでは、保険に関しては受益者負担なので、

払った分しかもらえません。

 

私も住民票登録をしていますが(市民ってこと)、社会保険には加入させてもらえません。(税金を払ってないから)

自分が病気になったらどうするのか???

 

 

そう、あらかじめ日本で私費で入ってきた保険を使うのです。

 

 

<広告>

 

 

 

 

話は戻ります。

日本では税金を払っていなくっても、MAXIMUMの治療を受けられます。

いいことなのか、悪いことなのか、ここでは別問題なので控えます。

 

 

オーストリアでは保険が、自由の物(Private)もあると書きました。

 

ということは

必要なものを必要なだけ使える保険もあるということです。

 

この国では、

・MTXは30㎎/週まで使えます。 また10㎎錠の分1投与です。

・葉酸は、日本では10㎎(倍)までですが、15㎎までいけます。

・アザルフィジンは、通常3000㎎ 最大4000㎎まで使えます。

・リツキサンもアナキンラも使えます。

(ここが備忘録です)

 

 

すなわち、いいと思えるものは使えるということです。

 

 

日本の社会保障を立て直すには、いまのどこを改変しないといけないのか、

自分の既得権益ばかりを守ろうとするのではなく、考える必要がありそうです。