リウマチ外科医の徒然草

リウマチ診療を中心に過ごす外科医の、日々あったこと、考えたことをつづります

不動産価格は東京オリンピック後まで本当に上がり続けるのか?

中国不動産バブルという言葉を知っていますか?

 

中国人による、日本不動産の爆買いのことを指します。

 

主に2013~14のころに建立された、東京の湾岸地区のタワーマンションです。

 

f:id:orthopaedicrheumatologist:20170916085104j:plain

都心まで20分足らず 夢の立地なのでしょうか?




 

 

 

 

中国人民元が元=25円前後の超円安時におきたことです。

 

いろんな要因がありますが、

 

結局はお得なうちに海外資産を増やす。

そして売り抜けることを目的としたあくまで投資で、

 

日本なら所有権が認められる。という理由だけで買われたものではないです。

 

つまりは、損益分岐点を彼らは常に見張っています。

 

 

われわれが米国株を買うのと同じですよね。

 

 

今は 元=15円前後 になっていますので、

すでに考えようによっては30%以上の含み損を彼らは持っています。

 

そして、取得後5年を経過していないので、

手放すにしても税金が非常に高いです。

 

 

そうした理由で、受け渡し即

「売り出し物件」となっているところが後を絶ちません。

 

また、手付金放棄でドロンも相次いでいるようです。

 

 

不穏な話を聞きました。

湾岸マンションの住んでいる方が、転勤を理由に売り出したところ、

全く買い手がつかない。

 

らしいのです。

 

なぜかって?

中国人がもっと低い価格で投げ売りしているからです。

 

 

 

 こうなれば、日本人ももっと安価で売らないといけません。

 

手付け放棄で逃げられたディベロッパーは、経営難に陥ります。

 

取得後5年を超えたタワーマンションが一挙大量売りになれば…

 

不動産価格は、暴落します。

 

 

現に首都圏以外でも、

物件はダブついています。

 

8000万円で買った物件が、2500万で売れるのが精いっぱいとなったら、

残ローン4000万円越えの日本人は心中するしかないですね。

 

 

こんなシナリオが起きるのは2018~2019です。

 

取得後5年を超えます。

 

税収の減少も日本の公的経営に影を落とします。

 

なるべく早く海外に資産を移動。

 

でも、自己責任でお願いします。

 

 

 

ましてや、今もなお

「中国バブルに乗りましょう」っていうスポンサーサイトには

気を付けましょう。

 

 

 

 

くわばら、くわばら